アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習

「ちゃんと」「しっかり」ってとういうこと?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

最初のレッスンのとき、音を聴いてもっと良くなりそうと思った場合に原因と対策を色々そのときに思い浮かべるのですが、何か伝える前にまずは生徒さんに尋ねるよう心がけているのは「どんなことに気をつけて吹いていますか?」ということです。

そんな時によく返ってくるお返事で「体幹をちゃんとさせる」「お腹を意識して吹く」なんてことが結構多いんです。

それで上手く行ってるなら何の問題もありませんが、何かが上手く行ってないなら考えてみたいことがあります。

それは

・ちゃんとさせる

・意識する

それって具体的には何をどうすることなんでしょうか、ということ。

これも尋ねてみると「胴体のあたりをクッとする」とか「お腹あたりでこう、どんとして」なんて答えが返ってきますが何をどうするのかは全然わからないことが多いんですね。

例えば音をまっすぐのばしたり綺麗なppのスタッカートをするのが目的だったとして、身体の何をどうコントロールすることなのかあやふやなまま、「ちゃんと」何かしなければならないとしたら混乱するのが普通なのではないでしょうか。

今やってることと違うことをして音や吹き心地を変えたいなら「ちゃんと・しっかり」というあいまいなイメージでなく実際に自分の意志でコントロールできる何かを変える必要があります。

例えば昔いつか先生から提案されたアイデアは状態が変わったら効果も変わりますから、一時的でなくずっと良いやり方を自分で探せるようになりたければいつどこで何をするかという意図をハッキリさせることが大切です。

演奏するときに心がけていること、言葉に出来ると思考も動作も整理されるだけでなくいつかレッスンで自分の生徒さんに伝えるときにも役に立ちますよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド