アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習

「ちゃんと」「しっかり」ってとういうこと?

有吉尚子です。こんにちは!

最初のレッスンのとき、
音を聴いてもっと良くなりそうと
思った場合に原因と対策を色々
そのときに思い浮かべるのですが、
何か伝える前にまずは生徒さんに
尋ねるよう心がけているのは
「どんなことに気をつけて
 吹いていますか?」
ということです。

そんな時によく返ってくるお返事で
「体幹をちゃんとさせる」
「お腹を意識して吹く」
なんてことが結構多いんです。

それで上手く行ってるなら
何の問題もありませんが、
何かが上手く行ってないなら
考えてみたいことがあります。

それは
・ちゃんとさせる
・意識する
それって具体的には何を
どうすることなんでしょうか、
ということ。

これも尋ねてみると
「胴体のあたりをクッとする」
とか
「お腹あたりでこう、どんとして」
なんて答えが返ってきますが
何をどうするのかは全然
わからないことが多いんですね。

例えば音をまっすぐのばしたり
綺麗なppのスタッカートをするのが
目的だったとして、
身体の何をどうコントロール
することなのかあやふやなまま、
「ちゃんと」何かしなければ
ならないとしたら混乱するのが普通
なのではないでしょうか。

今やってることと違うことをして
音や吹き心地を変えたいなら
「ちゃんと・しっかり」
というあいまいなイメージでなく
実際に自分の意志で
コントロールできる何かを
変える必要があります。

例えば昔いつか先生から提案
されたアイデアは状態が変わったら
効果も変わりますから、
一時的でなくずっと良いやり方を
自分で探せるようになりたければ
いつどこで何をするかという意図を
ハッキリさせることが大切です。

演奏するときに心がけていること、
言葉に出来ると思考も動作も
整理されるだけでなく
いつかレッスンで自分の生徒さんに
伝えるときにも役に立ちますよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド