楽器練習効率化ガイドブック

今日はレッスンをしたり
誰かにアドバイスをするような
場合のこと。

有吉尚子です。こんにちは!

たくさんレッスンや講座など
トレーニングを受けて演奏してきた
大人奏者さんはそれを若い世代や
小中学生などの生徒さんに
伝える機会もきっとあるでしょう。

そんなとき、
自分が受けてきたレッスンを
そっくりそのままマネして
教えるなんてことは
ありませんか?

とっても良い伝え方の
アイデアを知ったときや、
自分にとって役立ったなと
感じるレッスンはそうしたくなる
気持ちはすごく良くわかります。

わたしもたくさん良いレッスンを
経験してきたし取り入れたいなと
思うことに出会ってきましたし、
実際たくさんレッスンや講座に
取り入れている手法もあります。

とはいえ。

ただの受け売りレッスンでは
残念ながら元々教えてくれた先生の
劣化版コピーにしか
ならないんですよね。

「教える」ということを
専門的に学ぶと出会う言葉に

「自分が学んだ通りのことを
 教えてはいけない」

というのがあるんです。

自分が受けた講座やレッスンは
それを担当した先生にとっての
真実であり経験であり知識です。

それはあなたが体験してきたこと
ではありませんよね。

教える人にとって
「真実」でないことって、
伝えた時にやはりどこか
薄っぺらくて机上の空論に
聞こえてしまうもの。

ただ教科書を読むだけの授業
みたいなもので、
生徒にとってもつまらないし
身につきにくいんですね。

そして伝えようとする人にとって
「真実」である言葉は多少変でも
言い回しがあべこべでも
やっぱり伝わるものがあるんです。

このメソッドでこの言葉選びで
というのではなく、
自分の言葉で自分の伝え方で
本当に相手が受け取りやすい方法で
手渡していきたいものですね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。