アレクサンダー・テクニーク 合奏・アンサンブル 思考と心 本番 身体の仕組み

本来の実力を発揮する奏法

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

この曲はこんなところが素敵だからお客さんにもそれをシェアしよう!

なんて思って色々と表情をつけて演奏した時に、「棒吹きで表情がよくわからない」なんて言われてしまったらなんだか悲しいですよね。

20160906_190843

それって歌い方がわからないとか表現の度合いの問題とかそういうことだけじゃなく物理的にやりにくい条件下にあるという場合もあるんです。

どんな音楽をしたいのかが明確でもそれを表現するには音を出すための動作がどうしても必要です。

その動作が妨げられるのは、楽器に不慣れでやり方をまだよく知らないというだけでなく緊張や姿勢についての思い込みなどによって、できるはずの動作を邪魔されているということも原因の一つとしてありえます。

本来の実力を発揮するのを邪魔しているのは自分自身だった・・なんてこともあるかもしれません。

一人の時にはできるのにリハや合奏になるとおかしくなる、という場合はもしかしたら自分の邪魔になる何かをしてしまっているかもしれません。

そんな例の一つを実際に音を聴き比べられるよう動画でご紹介しています。

自分の邪魔の原因は様々なので一概には言えませんが、

やりたいこととしていることのギャップを埋めて本来できるはずの演奏をしたい!

という方はレッスンや講座でチェックしてみましょう。

本来持ってる実力を発揮できるようになるきっかけが欲しい方はぜひぜひ直接会いにいらしてくださいな!
レッスンのスケジュールと
詳細はこちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
【レッスンのスケジュール・ご予約】

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 本番, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド