楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

この曲はこんなところが素敵だから
お客さんにもそれをシェアしよう!

なんて思って色々と表情をつけて
演奏した時に、
「棒吹きで表情がよくわからない」
なんて言われてしまったら
なんだか悲しいですよね。

20160906_190843

それって歌い方がわからないとか
表現の度合いの問題とか
そういうことだけじゃなく
物理的にやりにくい条件下にある
という場合もあるんです。

どんな音楽をしたいのかが明確でも
それを表現するには音を出すための
動作がどうしても必要です。

その動作が妨げられるのは、
楽器に不慣れでやり方を
まだよく知らないというだけでなく
緊張や姿勢についての思い込み
などによって、できるはずの動作を
邪魔されているということも
原因の一つとしてありえます。

本来の実力を発揮するのを
邪魔しているのは自分自身だった・・
なんてこともあるかもしれません。

一人の時にはできるのにリハや
合奏になるとおかしくなる、
という場合はもしかしたら
自分の邪魔になる何かを
してしまっているかもしれません。

そんな例の一つを実際に音を
聴き比べられるよう動画で
ご紹介しています。

自分の邪魔の原因は様々なので
一概には言えませんが、

やりたいこととしていることの
ギャップを埋めて
本来できるはずの演奏をしたい!

という方はレッスンや講座で
チェックしてみましょう。

本来持ってる実力を発揮できる
ようになるきっかけが欲しい方は
ぜひぜひ直接会いに
いらしてくださいな!

レッスンのスケジュールと
詳細はこちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
【レッスンのスケジュール・ご予約】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。