合奏・アンサンブル 思考と心 本番 練習 身体の仕組み

力みがどうしてもやめられない

Pocket

「力みがどうしてもやめられない」というご相談をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

力みって良くないものだと思われがちですが、一体なぜ起きてしまうんでしょうか。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-10

原因の一つとして考えられるのは、たとえどんなに力んででもうまく行かせたいくらいそのやってることを大切に思ってる
というケース。

どうでもいいと思ってたら別に力むことなんてありませんね。

かといって、「どうでもいいんだ、これは別に大切なことではないんだ」と自分に言い聞かせるのはそれが事実ではないという点で効果を発揮しにくいので建設的なプランではありません。

ではそういう時はどうしたらいいでしょう。

一つのアイデアとして、うまく行かせるために気合とか意気込みとかの具体的でない以外でできることは何なのかを言語化してみることは役に立ちます。

・楽器を落とさずに持つ

・口とマウスピースが触れる

・楽譜からの情報を目から入れる

・歌いたいフレーズを頭の中に用意する

などなど。

声に出しても紙に書いてもいいし、evernoteにメモするんでもいいし、なんとなくこう自然にふわっとみたいな内容ではなく他人がそれを見て同じことが再現できるように言語化するのがポイントです。

すごく意気込んで固まってる時は実際に行うこととその手順が整理されてないことが多いです。

現実的に自分にできるとこをはっきりさせて、それをやる!

気合とか根性などコントロールの仕方が明確でないものは手順に組み込まない!

それだけで焦ってごっちゃになっていた思考が整理されて力む必要がなくなったりします。

成功させるために何をやる必要があるかわからないからとにかく力を入れる!

なんてことが無意識に起きちゃってる場合はぜひ試してみてくださいな。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-合奏・アンサンブル, 思考と心, 本番, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド