アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

「集中する」はいいことか?

Pocket

何事も注意力が散漫のまま取り組んでもなかなか成果には繋がりにくいものですが、「集中しなきゃ!」とは思っても何だか意外に効率が上がらないなんてことは経験ありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

これって集中するというのと身体の動きを制限したり固めたりがセットになって起きているときに起きがちなんですね。

集中するのが悪いことなのではなく実際に注意を向けることとそれっぽく見せかける動作を結びつけてしまっているとそんな効果が出がちなんです。

「それっぽく見せかけるなんて考えたことないよ!」

そう思うかもしれません。

でも小さいころ誰かに「動いてないで集中しなさい!」なんて言われませんでしたか?

集中する=動かない

なんてイメージはありませんか?

確かに一見したところフラフラふにゃふにゃしてたら他のことに気を取られてるように感じられるかもしれませんよね。

でも動きが起きていることと意識が何かにフォーカスすることは同時に起きることは出来ます。

それと反対に身体が動かないでじっとしていても全く話を聞いてないなんてこともありがちです。

ちょっと話題がそれますが実は私は発達障害コミュニケーション指導者という資格も持っていて、その講習を受けていた時に印象的だったことがありました。

それは多動でソワソワしてる子供と静かにぼんやりしてる子供は一見正反対のように見えるけれど本当は目の前のことに意識が行かず集中していないという点で同じ問題を抱えているということ。

「静かにしているから話を理解しているはずだと決めてかかるのは早計ですよ」
とのこと。

ちょっと興味深いですよね。

集中してないから発達障害だ、なんて乱暴なことは言えませんが社会生活に問題のない大人でもそんな場面は多々あると思います。

本当に今これをやらなきゃ!

絶対に完成させなきゃ!

そんな風に思っているときは「集中しよう」ではなく「あれをこうやって次は・・」と具体的に考えていますよね。

集中して音を聴く、練習の通りにやるため集中する、そんな場面で「集中してる風に振る舞う」をセットでイメージしていたら、もしかしたら実際の集中には全く繋がっていないかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド