アナリーゼ ソルフェージュ 練習

鼻唄でソルフェージュ

Pocket

通勤電車で出来る!裏技ソルフェージュのシリーズ、三つ目です。

有吉尚子です。こんにちは!

スマホのピアノアプリで出したドの音を聴いて心の中で色んな音を歌ってみるのはやってみましたか?

今回は簡単な曲にチャレンジしてみましょう!

今日のテーマは「メリーさんの羊」にします。

そんな子供の歌…!なんてバカにしてはいけません。

曲になればドからだけでなく色んな音を基準にして次の音を思い浮かべる練習にもなって、音程のインターバルの広さも色々なので、心唱するのは意外に難しいんですよ。

でも楽しいのでやってみましょう!

今回はC-durで、
ミーレドーレーミミミーレレレーミソソー
ミーレドーレーミミミーレレミーレドー
でやりましょう。

まず最初にドの音をアプリで聴いてみましょう。

そしたら心の中で曲の通りミから歌うのですが、これは気が遠くなるくらいの物凄くゆっくりなテンポでやるのがポイントです。

急いで進んでしまってはよく音程が浮かばないうちに次に行ってしまうし、合ってるかどうかの確認もいい加減になってしまうからです。

まず最初の音を心の中でミーと思い浮かべたら、それがさっきのミと同じかどうか実際に鳴らしてみて確認します。

よしよし、合ってるな!と思ったら次に今アプリで聴いたミの音を基準にレーと心唱して、またそれをアプリで合ってるか確かめます。

これはミを基準にした下へ2度のインターバルですね。

今まではドを基準に順番に高い音を思い浮かべていましたが、今度は高い音を基準に低い音を心唱することになりますね。

上に行くのと下に行くのは違う音程の幅になりがちなので、それにも慣れましょう。

心で歌うのが難しいな、という方は周りの迷惑にならないよう小さく鼻唄でハミングしてもいいかもしれません。

続けて今度は今アプリで聴いたレの音を基準にドの音を思い浮かべます。

これはレを基準に下へ2度のインターバルです。

そのまま曲の通りに次はレの音に進んでいきましょう。

次は今アプリで聴いたドを基準にレを心で歌います。

そんな調子でドレミの上行下行を3小節目までしていきます。

その次の4小節目はレレレーミソソーで、ミとソが離れた音ですね。

ここでミを基準にした3度のインターバルが登場します。

またこのソから次のミへはソを基準にした下方向への3度のインターバルですね。

こんな手順で一曲やって行きます。

一見とてもシンプルな曲ですが、意外に集中力が必要ですよね。

初めは気が遠くなるゆっくりテンポでないと出来ないと思います。

でも続けるうちに音を思い浮かべるスピードは少しずつ自然に上がっていくので、意図して速くやろう!なんてことはしないのがオススメです。

急ぐなんて無用なストレスを感じながら行うとかえって集中しにくくなってスピードは落ちてしまうので、無理なく確実にできる自分のテンポを守るのを大切に色んな曲でやってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド