アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

コンサートで何を聴いてますか?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

ある著名なプレーヤーの来日コンサートの感想である人は音色が素敵だったといい、別に人は音色は特に気にならずそれよりもリズムのキレがすごく良かったといいました。

どんな演奏だったのでしょうか。

これってホールの場所によって聞こえ方が違うとかいうことだけでなくみんなそれぞれがその人のフィルターを通して他人の演奏を聴いているからなんですね。

音程だとかリズムだとか表面的なことばかり気になってしまって音楽が耳に入ってこないなんて体験をしたことはありませんか?

どんなところに注意して音楽を聴くかという教育を受けた経験のない多くの人は自分がたった今取り組んでいることだったりコンプレックスだったり、そういうところに意識が行きやすく気になるポイントが拡大されて聴こえる意識のフィルターを持っています。

それは別に悪いことではありませんが、わざわざコンサートに行って生で演奏を聴く目的って自分の気になるポイントをその人がどうやってるのか知るだけではなく音楽そのものに触れたかったり思ってもみなかった刺激を受け取りたかったりなんてこともありますよね。

どこにどんな風に注意を払って聴いたらいいか、それはひとことで説明できるものではありませんがハーモニーを合わせるときにどこに注意を向けるか、音楽を組み立てるときに何を大事にするかなんてことを学んでいくと身について来るのですね。

だからコンサートの感想ひとつでその人がどんな耳のレベルかわかってしまうなんて面もあるんです。

そんなことを言われると感想を言うのがコワイ気がしてしまうかもしれませんが、良い先生は事前にそのコンサートで注意して聴くポイントを教えてくれたり感想で出てこなかったことも「ここはどんな風だった?」と引き出してくれたりします。

わたしも音大受験時代に当時ついていた先生のコンサートにいき「ここはどんな風に思った?」なんて終演後に尋ねていただいてなるほど、そこに着目するのか!なんてヒントをたくさんいただいたことをよく覚えています。

あなたはコンサートに行ったとき、どんなことが気になりますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド