アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

コンサートで何を聴いてますか?

有吉尚子です。こんにちは!

ある著名なプレーヤーの来日
コンサートの感想で
ある人は音色が素敵だったといい、
別に人は音色は特に気にならず
それよりもリズムのキレが
すごく良かったといいました。

どんな演奏だったのでしょうか。

これってホールの場所によって
聞こえ方が違うとかいうこと
だけでなくみんなそれぞれが
その人のフィルターを通して
他人の演奏を聴いているから
なんですね。

音程だとかリズムだとか
表面的なことばかり
気になってしまって音楽が耳に
入ってこないなんて体験を
したことはありませんか?

どんなところに注意して音楽を
聴くかという教育を受けた経験の
ない多くの人は自分がたった今
取り組んでいることだったり
コンプレックスだったり、
そういうところに意識が行きやすく
気になるポイントが拡大されて
聴こえる意識のフィルターを
持っています。

それは別に悪いことでは
ありませんが、
わざわざコンサートに行って
生で演奏を聴く目的って
自分の気になるポイントを
その人がどうやってるのか知る
だけではなく音楽そのものに
触れたかったり思ってもみなかった
刺激を受け取りたかったり
なんてこともありますよね。

どこにどんな風に注意を払って
聴いたらいいか、
それはひとことで説明できるもの
ではありませんが
ハーモニーを合わせるときに
どこに注意を向けるか、
音楽を組み立てるときに
何を大事にするかなんてことを
学んでいくと身について
来るんですね。

だからコンサートの感想ひとつで
その人がどんな耳のレベルか
わかってしまうなんて面も
あるんです。

そんなことを言われると感想を
言うのがコワイ気がしてしまう
かもしれませんが、良い先生は
事前にそのコンサートで注意して
聴くポイントを教えてくれたり
感想で出てこなかったことも
「ここはどんな風だった?」
と引き出してくれたりします。

わたしも音大受験時代に当時
ついていた先生のコンサートにいき
「ここはどんな風に思った?」
なんて終演後に尋ねていただいて
なるほど、そこに着目するのか!
なんてヒントをたくさんいただいた
ことをよく覚えています。

あなたはコンサートに行ったとき、
どんなことが気になりますか?

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド