アナリーゼ ソルフェージュ 思考と心 音楽理論

テクニックで音楽性のなさをごまかす

Pocket

シンプルな曲を演奏するとき、テンポを速くするのとゆっくりにするのはどちらが大変だと思いますか?

有吉尚子です。こんばんは!

これって一見ゆっくりの方が簡単そうに感じられるかもしれません。

でも。

ゆっくり間を取りながら小さな揺らぎを入れながら演奏するには、作品やひとつひとつの音がどんな風になるのを求めてるかわからないといけません。

緩んでいきたい場面なのか進んでいきたい場面なのか、

音量の変化は抑揚は音色はどんなのが合うのか考えて、

会場内の響きがどんな風なのか聴いてるお客さんの反応はどうか、

そんなことにもアンテナを張って、

ものすごく頭を使わなければシンプルなものを魅力的に聴かせることはできません。

反対にテンポを上げてテクニックを見せつつカッコよく、というのはそんなに考えなくても練習さえすれば意外に簡単にできてしまうんですね。

だから音楽的に聴かせることの出来ない場合にただ単純にゆっくりしてしまうと間が持たないからテンポを上げてしまいたくなるんです。

「ついついテンポが走ってしまう」なんていうのもどれくらいの間を取るのが適切なのかを自分で判断できないから間を持たせるために速く進みたくなってしまうという面もあるのではないでしょうか。

そんな演奏だと聴いてる人には何が伝わるでしょう。

「楽しそう」「いい曲だな」というのよりも「大変そう」「難しそう」なんて感想になってしまってはちょっと残念ですね。

安易にテンポを上げてテクニックでごまかすのではなく、音楽そのものを演奏したいと思いませんか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 思考と心, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド