ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 本番 練習

歌うほどテンポがもたれて行きませんか?

美しいフレーズを歌うほどテンポが
もたれて遅くなったり、
興奮するフレーズではどんどん
前のめえりになって加速したり、
なんてことはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

よくクラシックはテンポが
自由に動かせて、
ロックやジャズは常にインテンポ、
なんて聞いたりします。

だとするとテンポ・リズムの
正確さってクラシックをやるには
さほど重要な要素では
ないのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

たしかにクラシック作品の演奏では
曲に抑揚をつけるために
ritやrubatoを使いますし、
色んな揺らぎはあります。

でもそれが活きるためには、
基準になるものが必要です。

人の耳はそもそもの基準に比べて
変化があるからこそ
揺らぎを感じられるのですよね。

その基準の軸がないと
伸びたら縮む、巻いたら緩む、
そういう帳尻合わせができず
気持ちよく歌うほどテンポが
遅くなっていったり、
興奮する音形になるといつのまにか
どんどん走っていったり
してしまいます。

そうなるとritもrubatoも
感じられなくなりますから
変化した後に戻ってくる軸としての
基準のテンポを自分の中に
持っておくのは大切なことですね。

そんなことを身につけるのも
ソルフェージュのレッスンの要素
の一つです。

演奏していてもテンポ感やリズム感
に自信が持てない・・なんて方は
ぜひレッスンでお会いしましょう!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 本番, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド