ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 本番 練習

歌うほどテンポがもたれて行きませんか?

Pocket

美しいフレーズを歌うほどテンポがもたれて遅くなったり、興奮するフレーズではどんどん前のめえりになって加速したり、なんてことはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

よくクラシックはテンポが自由に動かせて、ロックやジャズは常にインテンポ、なんて聞いたりします。

だとするとテンポ・リズムの正確さってクラシックをやるにはさほど重要な要素ではないのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

たしかにクラシック作品の演奏では曲に抑揚をつけるためにritやrubatoを使いますし、色んな揺らぎはあります。

でもそれが活きるためには、基準になるものが必要です。

人の耳はそもそもの基準に比べて変化があるからこそ揺らぎを感じられるのですよね。

その基準の軸がないと伸びたら縮む、巻いたら緩む、そういう帳尻合わせができず気持ちよく歌うほどテンポが遅くなっていったり、興奮する音形になるといつのまにかどんどん走っていったりしてしまいます。

そうなるとritもrubatoも感じられなくなりますから変化した後に戻ってくる軸としての基準のテンポを自分の中に持っておくのは大切なことですね。

そんなことを身につけるのもソルフェージュのレッスンの要素の一つです。

演奏していてもテンポ感やリズム感に自信が持てない・・なんて方はぜひレッスンでお会いしましょう!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド