アナリーゼ コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

音程合わせの仕方

Pocket

フレーズの中で何か一音だけ音程が変だなという時、何を基準に合わせていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

音程のいい悪いは縦横の周囲との関係性の中で見えるものです。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

ハーモニーディレクターやチューナーで合わせても神経質になるだけであまり意味がありませんね。

そういう時にチューナーでどれくらいどういう傾向になっているのか確認してみるのは普通によくやることだと思います。

では、確認できて微調整してもう一度音を出してみる時、何を頼りにしているでしょうか。

チューナーのメーターで真ん中、というのではなく演奏中に使えるアイデアで合わせたいですね。

例えば基準となる音がユニゾンで他のパートにあればそこに寄せるというのもいいでしょう。

先生がその時だけ基準音を出してそれに寄せてみるのもありかもしれません。

ただし、演奏中に基準とするのがユニゾンだけだとちょっと心配ですね。

もう一度言いますが音程のいい悪いは縦横の周囲との関係性の中で見えるものです。

ベースの音や他の声部の音に対してどれくらいだとぴったりになるのかを練習するには、前後関係やユニゾンだけでなくオクターブや5度や4度、できるなら3度などに合わせることも必要です。

よくハーモニーディレクターでその音程を鳴らしてみたりというのを見かけますが、ベース音に対してハモる音程を先生が出して生徒はそれにユニゾンでつける、という練習だけだとなぜその高さがちょうどいいのか自分で判断して調整する練習にはなりません。

基準のユニゾンがなくなった途端、またハーモニーが崩れたりするのは自分でぴったりなポイントが探せないからなんですね。

ソロの曲の練習でも、気になる音そのものと同じ高さの音ではなくその時に鳴っている和声の根音を鳴らして、その中でどうフレーズを演奏するかを耳を使いながら色々試してみましょう。

そうすると気持ちいい音程とそうでない音程、またどうやってそのコントロールをすればいいかが演奏に使える形で理解できたりします。

ユニゾン以外の音から音程をとる練習、ピンときたら試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド