アナリーゼ コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

音程合わせの仕方

フレーズの中で何か一音だけ
音程が変だなという時、
何を基準に合わせていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

音程のいい悪いは縦横の周囲との
関係性の中で見えるものです。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

ハーモニーディレクターや
チューナーで合わせても
神経質になるだけで
あまり意味がありませんね。

そういう時にチューナーで
どれくらいどういう傾向に
なっているのか確認してみるのは
普通によくやることだと思います。

では、確認できて微調整して
もう一度音を出してみる時、
何を頼りにしているでしょうか。

チューナーのメーターで真ん中、
というのではなく
演奏中に使えるアイデアで
合わせたいですね。

例えば基準となる音がユニゾンで
他のパートにあればそこに寄せる
というのもいいでしょう。

先生がその時だけ基準音を出して
それに寄せてみるのもありかも
しれません。

ただし、演奏中に基準とするのが
ユニゾンだけだとちょっと
心配ですね。

もう一度言いますが
音程のいい悪いは縦横の周囲との
関係性の中で見えるものです。

ベースの音や他の声部の音に
対してどれくらいだとぴったりに
なるのかを練習するには、
前後関係やユニゾンだけでなく
オクターブや5度や4度、
できるなら3度などに
合わせることも必要です。

よくハーモニーディレクターで
その音程を鳴らしてみたり
というのを見かけますが
ベース音に対してハモる音程を
先生が出して生徒はそれにユニゾン
でつける、という練習だけだと
なぜその高さがちょうどいいのか
自分で判断して調整する練習には
なりません。

基準のユニゾンがなくなった途端、
またハーモニーが崩れたりするのは
自分でぴったりなポイントが
探せないからなんですね。

ソロの曲の練習でも、
気になる音そのものと同じ高さの音
ではなく
その時に鳴っている和声の
根音を鳴らして、
その中でどうフレーズを演奏するか
を耳を使いながら色々
試してみましょう。

そうすると
気持ちいい音程とそうでない音程、
またどうやってそのコントロールを
すればいいかが演奏に使える形で
理解できたりします。

ユニゾン以外の音から音程を
とる練習、ピンときたら
試してみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド