楽器練習効率化ガイドブック

合唱などアンサンブルでする
ハーモニーについて前回
書きましたが今回はソロで
視唱をやるときに着目したい
ポイントについてです。

有吉尚子です。こんにちは!

視唱と言ってもコールユーブンゲン
などではなく
曲の中のフレーズを
歌うようなときのことです。

20160910_200429

そういう作業が必要になるのは
そのフレーズをどう演奏したいか
はっきりさせたいときが
ほとんどだと思います。

そういう時にはまず、
音程はなくてもいいので
音名でリズム通り読めるかどうか
試してみましょう。

以前書いたように
「この音符を見たら
このレバーを押す!」
なんて思ってると
なんの音をいつ出したいのかが
あやふやになってしまってる
ことがあります。

それができたら
音程やニュアンスについても
はっきりさせたいですね。

音程についてはまた今度
詳しく書くことにして、
今回はニュアンスのこと。

ニュアンスをつけるためには
まずはじめにフレーズの
意味がわかってる必要があります。

音符を一つずつ
「ド」「レ」「ミ」「ファ」
と読んでたのではどこにどんな
抑揚をつけたいかわからなくて
歌うにしてもどうにも
やりようがありません。

それが盛り上がっていくのか
落ち着いたところなのか、
全体の中のどんな場面で
そのフレーズはどういう意味を
持ってるのか、
クレッシェンドするなら
ただ書いてあるからではなく
なぜクレッシェンドが必要だと
作曲家は思って書いたのか。

そういうことを見ていくと
「このフレーズは問いかけで
次のフレーズが応答なんだ!」
なんてことが見えてきます。

それはアナリーゼそのものですね。

そうしたらどんなニュアンスが
つけたいのか色んなパターンで
歌ってみてしっくりくるのを探す
ことだできます。

日常での会話だって
同じことですよね。

どんな風に伝えたいかによって
色んなコントロールをしています。

楽譜に書いてあることの
意味がわかるようにすること、
ピンときたらやってみて
くださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。