アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 思考と心 本番 練習 身体の仕組み 音楽理論

間違えたくて間違える

Pocket

曲を吹いていくうち「ここ苦手なんだ」「いつも引っ掛かるのよねなんて思うことはありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

そういうときって心配に思うほど間違えたりミスをしたり・・なんてことありませんか?

苦手だからってまぐれが起きるなら別に上手くいっても良さそうなのに、なぜでしょう。

こわいことですが、それはあなたがそうしたいと思ってるからです。

人の脳と身体は繋がっていて、身体は脳の指示通りに動いています。

「間違えるんじゃないか…」という思考が出てきたとき、身体はちゃんと間違えるための準備を始めます。

そこで「間違えないように!」と自分に言い聞かせたとします。

そうするとすでに出来上がった間違えるイメージを発動させないように身体は固まります。

正しく演奏するイメージではなくて間違えるイメージが脳内にあるんですから、考えてみれば当たり前ですよね。

ではどうしたら?

もちろんやりたいことを思い浮かべるのが一番。

それも具体的に。

本当にやりたいことは「間違えたくない」ではなくて「思ったように演奏したい」ですよね。

どのように演奏したいのかが具体的であればあるほど、身体はその準備をしますからおかしなミスはしにくくなります。

「どのようにやりたいか」の部分があやふやなら、身体は「あやふやなことをする」という指示を受けるわけですから思わぬ変なミスをするわけですね。

一番最初に「どうやりたいか」という望みをはっきりさせること、それがテクニックの安定には大切な要素です。

アレクサンダーテクニークの根幹には本人が何を望むかというのがあるのですが、すべての思考や動作のスタートはその人の「望み」だから。

その望みをはっきりさせることが音楽で言えばソルフェージュにあたるわけです。

曲の中で不安なところ、上手くいかせたいところ、そういうのを本当はどんな風にやりたいのか考えてみるのも良いかもしれませんよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 思考と心, 本番, 練習, 身体の仕組み, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド