コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 思考と心 練習 音楽理論

楽器を使わない練習はなぜ必要?

ソルフェージュって
歌のレッスンのこと?
なんてご質問をたまにいただきます。

有吉尚子です。こんにちは!

もちろん下手よりは上手の方が
いいかもしれませんが、
ソルフェージュは歌が上手に
うたえるようになることが目的
ではありません。

自分の専門の楽器で思ったように
演奏できるようになることが
目的です。

とはいえ実際にレッスンでは
聞き取りやリズム練習の他に
歌ってみるということもします。

楽器の演奏が上手になるために、
どうして楽器を使わない練習を
する必要があるのでしょうか。

それは、わたしもそうでしたが
ある程度楽器を吹いていた
経験のある人は音の高さを
楽器に依存して出してしまう
ということがあるのです。

実はどの高さの音なのか
頭ではわかっていないけど、
とりあえず決まった指と
アンブシュアで、
なんとなく出せてしまうんですね。

出せてるならそれでいいじゃないか
と思いますか?

それ、本当に思った通りの
出したかった高さの音でしょうか。

また、音の高さをイメージせずに
音の硬さ柔らかさ、スピード感、
ニュアンスや表情、
そういうものが具体的に
イメージできるでしょうか?

言葉で表現するのではなく、
明確な音そのものとしての
イメージです。

誰かの出した音を思い出すことは
できるかもしれませんが、
まだ聴いていない自分の出す
理想の音が思い描けるでしょうか。

それがとても難しいのは
言葉を使わずに哲学的な思考の
掘り下げがしにくいのと
同じかなと思います。

実際に演奏を聴いてみても、
どんな音を出したいかという
意図の無い音というのは、
あやふやで何をしたいのか
わからない当てずっぽう
聞こえるものです。

試しに普段楽器で吹いている
短い音形を声で歌ってみましょう。

ピアノかスマホのアプリか
何か音の出るもので確認すると、
きっと思ったより正確にするのが
難しいことに気付くはずです。

出したい音がどんな音なのか
はっきりイメージできるように
することと、
そのイメージを洗練させていくのが
視唱という歌ってみるレッスン
なのですね。

これは絶対音感ではなく
アンサンブルに必要な
聴こえた音に反応するための
スキルでもあります。

声の質や喉などのコントロール
などではなく頭の中の音を
調律していく作業なので、
歌を上手にするためのレッスンに
似てはいるけど全く別物なんです。

だから逆に
歌が上手になりたい方は、
ソルフェージュ講師ではなく
歌の先生にレッスンしてもらう
のがオススメでもありますよ。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 練習, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド