アナリーゼ コミュニケーション 音楽理論

わかった気になる危険

Pocket

「A型なら几帳面なんでしょ」とか血液型によって性格診断みたいな分類をするのってよくありますね。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしはこういうのは面白ければ何でもいいかと思いますが、人間の性格がたった4つに分類できるはずはない!なんて声もありますよね。

性格診断なら本気で信じる人はそんなにいないでしょうし、それによって深刻な影響を受けるなんてことも別段なさそうですが、音楽でもこういう分類をついついしちゃうことってあるのですね。

その代表的なのが古典派とかロマン派とかの枠や、モーツァルトならこう!ドビュッシーならこう!と作品そのものを見ずにスタイルだけを再現しようとする演奏。

もちろん歴史を知ったり比較して研究したりするのに当時の演奏を再現したりするのに分類するのは役に立ちます。

それでもドビュッシーだからふわふわすればそれっぽくなる、とか近現代作品だから意味がわからないごちゃごちゃに感じられれば雰囲気が出る、なんてカテゴライズして何となくわかった気になり作品そのものを見ないのはもったいないことです。

せっかく自分で音楽をやるなら「なんとなくそれっぽい」ではなくひとつひとつの作品のどんなところが魅力なのか改めて自分で見ていきながらそれを表現するのが
楽しいんじゃないでしょうか。

分類・カテゴライズするのは導入段階ではシンプルに見えるのでとても便利ではありますが、それだけでわかった気になってその先を見なくなるのはせっかくの機会がもったいないから避けたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, コミュニケーション, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド