楽器練習効率化ガイドブック

「A型なら几帳面なんでしょ」とか
血液型によって性格診断みたいな
分類をするのってよくありますね。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしはこういうのは面白ければ
何でもいいかと思いますが、
人間の性格がたった4つに分類
できるはずはない!
なんて声もありますよね。

性格診断なら本気で信じる人は
そんなにいないでしょうし、
それによって深刻な影響を受ける
なんてことも別段なさそうですが、
音楽でもこういう分類をついつい
しちゃうことってあるんですね。

その代表的なのが
古典派とかロマン派とかの枠や、
モーツァルトならこう!
ドビュッシーならこう!
と作品そのものを見ずにスタイル
だけを再現しようとする演奏。

もちろん歴史を知ったり比較して
研究したりするのに当時の演奏を
再現したりするのに
分類するのは役に立ちます。

それでもドビュッシーだから
ふわふわすればそれっぽくなる、
とか近現代作品だから
意味がわからないごちゃごちゃに
感じられれば雰囲気が出る、
なんてカテゴライズして
何となくわかった気になり
作品そのものを見ないのは
もったいないことです。

せっかく自分で音楽をやるなら
「なんとなくそれっぽい」
ではなくひとつひとつの作品の
どんなところが魅力なのか改めて
自分で見ていきながら
それを表現するのが
楽しいんじゃないでしょうか。

分類・カテゴライズするのは
導入段階ではシンプルに見えるので
とても便利ではありますが、
それだけでわかった気になって
その先を見なくなるのは
せっかくの機会がもったいないから
避けたいものですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。