楽器練習効率化ガイドブック

前回の記事では
自分が何を伝えたいかではなく
相手が何を必要としているかを
考える姿勢があってこそ。

情報のキャッチや分析や伝え方の
スキルは身につけることが
できるというお話をしました。

有吉尚子です。こんにちは!

それぞれのスキルについて
少しだけ考えてみたいと思います。

まず、情報キャッチって
どんなことでしょう。

音からの情報キャッチ能力なら
それはソルフェージュ力です。

20161205_221556

どんな音質かで奏法の特徴や
音の好みがわかったりしますね。

周りの音との関係はどうかで
その人のソルフェージュ力が
どのくらいか、
どんなストーリー展開を作りたいか
なんてことも想像できます。

全体のバランスで聴くなら
リードする人とついていく人の
力関係やそれまでどんな指導を
受けて来たかもわかることも
あります。

そういう情報キャッチのためには
ドかレかわかるだけでは
用が足りなくて

どんな倍音がどんな風に
含まれてるかとか

同じピッチで鳴ってるかどうか
だけでなくお互い調和する音の
合わせ方だとどんな響きになるか

なんてことも必要です。

そしてそれを聴き取れるための
技術を身につけるのが
ソルフェージュのレッスン

音大を出て専門家として活動
しつつも改めてソルフェを学びたい
と習いにいらっしゃる方は
そもそもの能力が低い
なんてことはまずなくて、
そういうことの必要性を
肌で感じているんですね。

「音程が合ってるかどうかなんて
 すでにわかるから満足してる」
なんて方はソルフェのレッスンは
必要ないでしょう。

音程の高い低いよりもっと
たくさん音からの情報をキャッチ
することに興味のある方は
レッスンにいらっしゃることを
おすすめしますよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。