コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

高い低い以外の音からの情報

Pocket

前回の記事では自分が何を伝えたいかではなく相手が何を必要としているかを考える姿勢があってこそ。

情報のキャッチや分析や伝え方のスキルは身につけることができるというお話をしました。

有吉尚子です。こんにちは!

それぞれのスキルについて少しだけ考えてみたいと思います。

まず、情報キャッチってどんなことでしょう。

音からの情報キャッチ能力ならそれはソルフェージュ力です。

20161205_221556

どんな音質かで奏法の特徴や音の好みがわかったりしますね。

周りの音との関係はどうかでその人のソルフェージュ力がどのくらいか、どんなストーリー展開を作りたいかなんてことも想像できます。

全体のバランスで聴くならリードする人とついていく人の力関係やそれまでどんな指導を受けて来たかもわかることもあります。

そういう情報キャッチのためにはドかレかわかるだけでは用が足りなくて

どんな倍音がどんな風に含まれてるかとか

同じピッチで鳴ってるかどうかだけでなくお互い調和する音の合わせ方だとどんな響きになるか

なんてことも必要です。

そしてそれを聴き取れるための技術を身につけるのがソルフェージュのレッスン

音大を出て専門家として活動しつつも改めてソルフェを学びたいと習いにいらっしゃる方はそもそもの能力が低いなんてことはまずなくて、そういうことの必要性を
肌で感じているんですね。

「音程が合ってるかどうかなんて すでにわかるから満足してる」なんて方はソルフェのレッスンは必要ないでしょう。

音程の高い低いよりもっとたくさん音からの情報をキャッチすることに興味のある方はレッスンにいらっしゃることをおすすめしますよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド