楽器練習効率化ガイドブック

「今日は個人練だけだから」

「指をさらいたいだけだし」

「良いリードは本番まで使わず
取っておこう」

そんな風に自分が一番良いと思う音
ではない状態で練習してしまうこと
ってないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

ほとんどの方が良い音を出したい
勝負の本番よりもそれ以外の
練習の方が多いですよね。

妥協して出す綺麗じゃない
どうでもいい音の吹き方を
繰り返していけば
身体はそれを覚えていきます。

そして、
人の耳はたくさん聴いたものを
当たり前の標準だと思い込むもの。

本番ではそれまでに一番慣れている
奏法が出てきやすいものだし、
聴き慣れた音が安心と感じるのが
人の心の自然な動き。

そして本当に理想とする極上の音は
本番の場面では不慣れな奏法で
普段聴きなれていない音に
なっているんです。

つまり。

普段無頓着な音を出しているなら
本番だけ美しく響く音が
出るわけがないんですね。

いざ大切な本番のときに

「あれれ?このリードは、
この奏法は良い音のはずなのに?」

と思ったとしたら、
それはリードや奏法のせいで
上手くいかないのではなく
ちゃんと練習通りのことを身体が
やってくれている証拠。

練習だからって妥協する
クセがついてしまったら、
本番だけ違うことをやるのは
難しいものです。

良い音を出したければ普段から
妥協なく良い音を追求しなければ
ならないものですね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。