アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

脱力できない原因

レッスンや講座の時にご自身で
無駄に力んでるなと感じたようで
「力を抜かなくちゃ」
と言ってる方をよく見かけます。

有吉尚子です。こんにちは!

不必要な力を使っているなら
それは楽で自由な演奏のために
良いアイデアだと思います。

でも
「力を抜かなくちゃ」
と思って実際にそれは
できるでしょうか。

なかなか難しいという場面が
多いのはなぜなんでしょう。

これは不要に感じる力でも
何かしら必要があって使っているから
ではないでしょうか。

例えば身体のどこかで本当は
必要なのに働いていない部分が
あるからその役割の代わりを
しようとしていたり、

必要な動きがまだよくわかってない
初心者の頃にやっていた習慣
が残っていたのだったり。

初めから完全に不要だと思うこと
であれば無意識的にしてもわざわざ
やってるわけはないですよね。

力を使っているのには必ず
何かしら理由があるものです。

その理由が解決されないと
いくら「脱力!」と自分に
言い聞かせてもなかなか
難しかったりします。

やめたいと思うことをやっている
ことに気づいたら、
なぜそれをしているのかを
探ってみましょう。

脱力の代わりに別のところを
もっと働かせると上手くいく、
なんてこともあるかもしれません。

ピンときたら取り入れてみて
くださいな。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド