コミュニケーション 合奏・アンサンブル 思考と心 本番 練習

仲間のプレイを賞賛するメリット

「もっと上手くなるはずだからこんなところで褒めちゃダメだ!」

「ここは素敵だったけどあそこはイマイチだったから」

「おだてて媚を売ったってしょうがないし」

なんて思ってステキな演奏をしていた人に何にも反応しない、なんてことはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

褒めたり肯定したりするのは媚やおだてとは違います。

ちょっとでも良いなと思うことがあればお互いどんどん肯定し合いましょう!

20161128_185114

プロの現場ではリハーサルでも本番でもステキな演奏をした人がいたらヒザをこすったり足をスリスリしたりして音を立てないように、でもちゃんと伝わるように賞賛を送り合うのが普通です。

その方が褒められた方は嬉しいからさらにがんばろうって思うし、お互いのプレイを尊敬し合っていると雰囲気が良くてアンサンブルも密になって結果として演奏がどんどん良くなります。

誰だってやたらとダメ出しばかりしてくる人よりちゃんとできたことは肯定してくれる人と付き合いたいですもんね。

そんなこと言ってもどういうことを肯定したらいいかわからない!なんて思うでしょうか。

例えば直前に「上手く行くかな」なんて心配していた箇所がうまくいったり、いつもながらタンギングが綺麗だったり、そんな些細なことでいいんです。

肯定できるポイントを見つけたらどんどん相手に伝えていって、コミュニケーションを円滑にそしてアンサンブルも充実させていきたいですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド