アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習

ムダな基礎練

Pocket

基礎練って必要だと思いますか?

有吉尚子です。こんにちは!

冒頭の質問にYesと言った方にさらに質問です。

それは何のために必要なのでしょうか。

「やるべきものだから」「そう教わったから」「有名奏者がそうしているから」

そんな答えが出てきたら要注意

何のためにやってるのか目的が曖昧になっているのでせっかくの貴重な時間を使って意味のない練習をしている可能性大ですよ!

メニューを決めて毎日やる練習は身体のウォーミングアップや筋力維持、新しいスキルを時間をかけて身につけるため、など人によって段階によって色んな目的があるものです。

20161128_185232

「日課だからスケールを上下する」なんて練習を漫然としていると意味がないどころか、それに慣れてしまったら音質のばらつきや音程のクセなど楽器の都合に合わせてデコボコな音を並べるのに違和感を感じなくなったりします。

ちゃんと音が並んでないことが当たり前になってしまうんですね。

それにワンパターンな音形の練習ばかりしていると曲の中でイレギュラーな音の並びが出てきたときに不慣れな並びに戸惑ってしまいます。

「スケールならこの音は問題なく出せるのに曲になるとうまくいかない」

なんていうのは無意味でワンパターンな基礎練を繰り返した弊害ってこともあるんですね。

第一「やるべきだから」という曖昧で意味のわからないことに時間とエネルギーを使うなんてもったいない!

それなら飲みにでも行った方が気分が良くなるというメリットがある分ずっとマシです。

今の自分に何が必要なのか、それを考えてどんな意味を持って練習に取り組むかが明確だと何歳からでもぐんぐん上達します。

これをやることでどんなメリットがあるのかな?ということ、ぜひ考えてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド