アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

器用タイプとコツコツタイプどっちが伸びる?

Pocket

初見は得意だし特殊奏法も何となくでパッと出来てしまう器用なタイプと、ひとつひとつ時間をかけて追究するのが得意なコツコツタイプ、あなたはどちらですか?

有吉尚子です。こんにちは!

器用でパッと出来てしまう人より時間がかかってもコツコツやった人の方がちゃんと身につくなんて言われたりしますが、それってなぜなんでしょう。

これは性格とか遺伝とかよりも脳の使い方の違いなのではないかなと思います。

一夜漬けのような必要な一瞬だけ集中してパッと対応しても、長期間繰り返して習慣を作るような身につき方をしないのは考えてみたら当然ですよね。

それに何となくそれっぽくできたということでその場を切り抜けたら自分はそれが出来るんだ、と思ってしまってもうちゃんと向き合おうとはしなくなってしまうかもしれません。

そうしたらその一時的にものすごく集中して何とかやっつけたことが、無意識でも出来る基礎になってその上にさらに新たにスキルを積み上げていくようなことは出来ないわけです。

新しいことを積み上げるにはそれに集中する必要があるのに新しいことどころか基礎の部分に集中力を使ってしまってるのですから。

そして小器用さに頼ってちゃんと身につけることをしなかった人は小器用さだけで対応出来なくなるとプライドが傷ついたり練習の仕方を知らなくてそこで躓いてしまったり。

どんどん次の段階に進めるのは土台になるスキルが無意識でもちゃんと出来るまで身につけた人なんですね。

さらにコツコツ派の人はパッとすぐに対応できない分繰り返し練習したり、どうやれば出来るのか考えたりとそのスキル自体はもちろん習得の仕方や応用の仕方も一緒に学んでいるんですよね。

アリとキリギリスみたいです。

そしてそれってそもそものタイプ次第というわけではなく、どういう向き合い方をするかの習慣によるのではないかと思います。

器用な人が必ず上っ面だけしか学ばないなんてことはありませんからね。

結局はどう向き合うか自分で選択をし続けることが大切なんだなと思います。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド