楽器練習効率化ガイドブック

CD伴奏での演奏って
やったことってありますか?

吹奏楽やオーケストラがメインだと
なかなかやる機会はないかも
しれませんね。

有吉尚子です。こんにちは!

体験した方はわかると思いますが、
これって実は生身の人間との
アンサンブルに比べると
ものすごくやりにくいんです。

何がやりにくいって、
会場の残響や聴いてる人の
反応によってテンポやルバートを
変えられないから。

それにソロが先に出て後から
伴奏が重なってくるような曲は
できないのも選曲が制限されます。

そして
「今回はこうやってみよう!
相手はどう反応してくれるかな?」
なんていうワクワクする仕掛け合い
のようなこともできません。

人間とのアンサンブルだと
毎回ほとんど同じだと思っていても
少しずつお互いに反応しあって
小さな揺らぎを作りながら
演奏しているんだな、
というのをつくづく感じます。

だからせっかく仲間と一緒に
アンサンブルをする機会があるなら
ただお互いに楽譜通りに、
練習した通りに同じように、
なんてことが目標になっては
もったいないですね。

「少しゆっくりしたいんだな」
「ここは前のめりに行きたいんだ」
なんてことをお互いに
感じ取り合いながら反応できるのが
誰かと一緒にやることの
醍醐味なのではないかと思います。

映画の名曲集(CD伴奏付き)
なんていう楽譜がお手元にあったら
やってみるとよくわかって
面白いものですよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。