楽器練習効率化ガイドブック

ベースラインや伴奏は無表情で
淡々と演奏する方がいい、
そんな風に思うことって
ありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

場面によってはソリストがたくさん
ルバートした後に戻ってくる基準
としてしっかりテンポキープ
していた方がいいことも
ありますよね。

バンドでのセッションなんかでは
ドラムが旋律の揺らぎに合わせて
揺らいでしまったら
バンド全体は訳のわからないことに
なってしまったりもするでしょう。

そういうこともありますが、
オーケストラやアンサンブルでは
盛り上がったところから解決する
瞬間なんて全員で呼吸を合わせて
「せーの、よっこいせ」
とやる場面もありますね。

刻みの伴奏音形でも
旋律が前に進みたいフレーズなら
少しだけ進み気味に演奏
することもあるし、
終わりに向かって緩みたいなら
それに付き合うことだってあります。

そういうのを一切無視して
淡々と演奏されてしまうと旋律は
とっても吹きにくいんですね。

やっぱりベースラインも伴奏も
和声の進行がどうなってるか
アンサンブルがどう動きたいのか
そんなことも知っていて
聞き合いながらお互いに
寄り合う必要があるものですね。

その方が伴奏だからと何にも考えず
淡々と進めたりただ旋律パートに
付いていくよりも演奏するのが
ずっと楽しくなりますよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。