アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン

レッスンの勉強はしませんでした

有吉尚子です。こんにちは!

わたしは今はレッスンという仕事は
やりがいがあるし好きなんですが、
若いときは演奏することに比べて
教えることはよくわからないし
仕事にするつもりはなかったので
教職免許も取らないままで
大学を卒業するつもりでした。

ところがご縁があって
まだ学生のときからレッスン業を
始めさせていただいて、
手探りで個人レッスンや講習会を
するようになるうちに、
これは演奏スキルとは別物の
知識や技術が必要なものなんだな
気がついたんです。

やってるうちに慣れていく面は
やはり多少はありますが、
レッスンや講習会のやり方を
ちゃんと学ぶ機会って
実のところあんまり無いし、
同じ仕事をしてるプレーヤー仲間と
「そういう勉強してみたいよね」
なんて話をよくしていました。

実際アレクサンダー・テクニークに
出会うまではわたしのレッスンは
自分が受けた経験やクラリネットを
練習する段階で自分が知りたかった
と思うようなことをメインに
取り上げていたんです。

なので自分と同じようにプロを
目指して学んでいるような人には
どう進めて行くか段取りが組めても
そうではなく趣味としてだったり
楽しむことが大切という方には
どう伝えたら何に役立てて貰えるか
手探り状態だったんですね。

その後アレクサンダー・テクニーク
に出会って面白くてこれは自分も
教えられるようになりたいと思って
教師資格を取ったわけなんですが、
ここでは「ティーチング」といって
教えることも実習しつつ
クラスの参加者と意見をシェア
しあいつつ学ぶ仕組みなんです。

クラスの先生もそうですし、
そこに参加して一緒に学んでる
音楽家仲間とも意見を交換したり
アイデアをシェアしたりという
機会がそこで得られたんですね。

今でも目指したいことや学び方が
自分と違うタイプの方には
本当にご本人の望むことに近づく
助けになっているかどうか
手探りなことは変わりませんし、
アレクサンダーテクニークが万能だ
なんて言いませんが、
受ける人の望みがどこにあるのかや
生徒さんが望む方向に向かって
行くために自分に出来ることや、
試行錯誤するときの考え方の軸など
勉強することが出来ました。

ストイック派の方はもちろんですが
楽しいことが大切だったり、
音楽以外に大事なものがある方にも
どうやったら楽しいだけでなく
今後役立てていただけることを
お伝え出来るのかなんてことに
ちょっとだけ自信を持つことが
出来るようになったのが、
アレクサンダー・テクニークを
学んで良かったなと思う面の
一つなのでした。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン

© 2020 聴く耳育成メソッド