楽器練習効率化ガイドブック

ソロフレーズなどで歌心を持って
旋律を歌おうとするときに
何だかグニャグニャしてしまって
変な歌い方になる、
そんなことってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

こういうのって自分で録音して
聴いてみたりしても
なんか変だというのはわかっても
何がどう変なのか具体的には
なかなか分析したりするのは
簡単じゃないかもしれませんね。

これは実は言葉の習慣に影響
されてる面もあるようです。

英語やドイツ語に比べて日本語は
あまり大きな声を出さない
習慣があるため音の高低で
抑揚やアクセントなどを
表現するんだとか。

なんかグニャグニャするという方の
歌い方を聴かせていただくと
音の変わる瞬間にこっそり小さな
ポルタメントを入れてることが
とても多いんです。

カラオケなんかではそういうのを
使うと高得点になったりしますね。

ところが西洋の音楽では
ポルタメントではなく
音量による抑揚やアクセント
たくさん使われているんですね。

有名奏者の録音などで聴いていた
耳馴染みのある歌い方は
日本語の抑揚の付け方だけでは
ちょっと上手くいかないのは
ニュアンスの付け方が違っている
ということが大きいようです。

でもわたしたちは日本語に
とても慣れていますから、
その抑揚が変だとは
感じにくいんですね。

海外有名奏者の抑揚とは
何か違うというのは感じても、
普段の話すときや鼻歌を歌うときと
同じなので違和感が無いんです。

アレクサンダー・テクニークでは
よく言われてることですが、
新しいことは違和感があるから
始めは正しい感じがしないもので、
逆に慣れてることは目的のためには
間違ってるとしても正しく
感じられてしまうんですね。

これは歌い方だけでなく
すべてに通じることでありながら
なかなか自分で気がつくのは
難しいことではありますが、
もしも気がついたり指摘されたり
なんてことがあったら
常識のように思って慣れてることを
疑ってみるというのは解決のための
ひとつのアイデアですよ。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。