聴く耳育成メソッドとは

聴く耳育成メソッドとは

演奏の基礎となる耳のトレーニングである「ソルフェージュ」を軸に、楽譜からストーリーや作曲者の意図を読み解く「アナリーゼ」、演奏のための心身のコントロール技術である「アレクサンダーテクニーク」を含め、演奏に必要なスキルを総合的に学ぶメソッドです。

音楽的な演奏をするには楽器を使って音を出すだけでなく、

  • 楽譜に書いてあるストーリーを読み解くアナリーゼスキル(作曲家の声に耳を傾ける力)
  • 楽器操作のための心と身体のコントロール(自分の心と身体の声に耳を澄ます力)
  • 音の変化に気付き反応するアンサンブルのための耳の使い方(音程リズムだけでないニュアンスや音楽の進みたい方向性を聴く力)

という3つの聴く力がとても大切です。

「やみくもに時間をかけて練習してるいる割になかなか上達を実感できない」

「先生やトレーナーの言う通りにしか歌い回せない」

「縦横を合わせるアンサンブル作りしかできない」

というお悩みはこの3つの聴く力がないことが原因になっていることが多いもの。

 

アナリーゼスキルが身についていて作曲家の言いたかったことが読み解けたら何が良いの?

楽譜が音符の羅列ではなくストーリーに見えて来るので歌い回しに自信が持てます。

自分に合う奏法と合わないか奏法を見分けられたらどうなるの?

痛みやストレスなく高いクオリティで長く演奏を続けることができ、また練習を効率的に組み立てられるようになります。

周りの音の微細な変化に気が付きどの音に合わせたら良いかがわかると何ができる?

音程リズムだけでない音楽の要素が聴こえてくるので充実したアンサンブルができるようになります。

 

譜読みの仕方や今の自分に合った練習の組み立て方がわかり、アンサンブルでの耳の使い方がわかれば、やりたい音楽が見えてきて歌い回しに自信を持て、心にも身体にもストレスなく音が出せて、音程やリズムも的確になっていきます。

 

それがあなたの本来の音楽センスであり、

演奏をもっと楽しくするための方法なのです!

 

アナリーゼ、アレクサンダー・テクニーク、ソルフェージュそれぞれについて詳しく解説してみましょう。

譜読みのスキル(アナリーゼ)

アナリーゼとは

楽譜を読んで「どんな曲なのかな?」ということがわかるために分析をする作業です。

和音の組み合わせによる曲の表情の変化や、旋律の流れが表したいニュアンスなどを読み取って、演奏するときには音色や抑揚として活かします。

その楽譜を読み解くアナリーゼの土台として必要な前提知識が「楽典」です。

 

どうやるの?

同時に鳴ってる音や前後にある音からどんな色合いでどんな役割りの和音なのか把握したり、旋律を分析して作品全体がどんなストーリー展開になっているのかを調べます。

 

演奏に関係ある?

演奏するときは和音の色合い変化や旋律やリズムの特徴、全体のストーリーがどんな風に進んでいくのか、など読み取ったことから自分がどう演奏したいかの手ががりを見つけて表情やニュアンスを付けて行きます。

それをしないとのっぺらぼうな演奏になってしまったり、先生やトレーナーの言う通りにしか演奏できなくなったりします。

もちろん関係あるでしょう。

[レッスン・講座一覧へ]

 

心と身体のコントロール(アレクサンダー・テクニーク)

アレクサンダー・テクニークとは

音楽だけでなくどんな動きにも共通する身体の使い方のことで、ダンサーや役者さんやスポーツ選手も取り入れているメソッドです。

何か特別な才能があったり特殊な能力を身につけたりするのではなく、そもそも元から人間の身体に備わっている機能をより良く使って、やりたいことをより効率的に良い質で行いましょうという考え方。

名前が長いのでATと略されることもあります。

 

アレクサンダー・テクニークは何に役立つの?

例えば楽器演奏や日常動作などで、やろうとすることがあるのに何だか動きが不自由だったり「どうも上手くいかないな」というお悩みが解決することが多いものです。

また、心と身体に無理のかからない動きを選択することで、ケガや故障を防ぐことにつながります。

自分では気が付いていない些細な動きの変化をすることで、何気なくやっていることがもっとずっと快適に上手くできるようになります。

 

アレクサンダー・テクニークってどうやって使うの?

もしも身体の仕組みについての勘違いがあればそれを見直したり、思考の整理をしたりして、実際の仕組みに沿った動きをできるような習慣を作っていくことで、自分の心と身体を思った通りに使えるようになっていきます。

[レッスン・講座一覧へ]

 

音楽的な耳の使い方(ソルフェージュ)

ソルフェージュとは

ソルフェージュというのは音程やリズムを聴き取ったり音楽の進みたい方向を感じる力、微細な音の変化やニュアンスの違いに気付く「聴くスキル」のことを言います。

耳が良い・悪いという表現をされることもありますが、これは聴力のことではなくて聴こえた音からどれくらいたくさんの情報を受け取れるかということ。

つまり音楽的な注意力のことです。

ソルフェージュは多くの音大で書き取りや初見視唱などが入試科目になっていて、入学後にも授業があります。

 

ソルフェージュが出来ると

たくさんの情報を受け取れるとハーモニーが合ってるかどうかリズムがどうなってるかだけでなく、明るい・暗い・鋭い・柔かい・硬い・太い細いなど含まれる倍音によっての音色やニュアンスの変化といった微細なことに気がつけます。

言語で例えると「ねえ、あのさ・・」と言われたときにそれだけでも

・楽しい話をきいてほしい
・怒ってる
・呆れてる

など表情やニュアンスを聴き分けることができるとコミュニケーションがより円滑になるでしょう。

音楽でも受け取れる情報が多いほど、曲を聴いたときや演奏するときにより意味を持って聴こえるので、意味がわからない音の羅列と思っている場合より興味深く楽しく演奏する・聴くことが出来ます。

周りと合わせるアンサンブルでも、自分や周りの音がどんな風に響いているかを把握してお互いに反応し合えると、ただ一緒に楽譜の通りに音符を並べる場合より充実した演奏をすることが出来きるものです。

[レッスン・講座一覧へ]

Copyright © 2022 聴く耳育成協会 All Rights Reserved.