アナリーゼ ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

スマホでハーモニートレーニング

Pocket

スマホのピアノアプリで出来るソルフェージュ、今回はハーモニーにチャレンジしてみましょう!

有吉尚子です。こんにちは!

まず最初にドを聴いてその音を基準にしてソを心で歌ってみます。

そしたらソの音をアプリで確認。

だいたい合っていたでしょうか。

では次に、ドとソを同時にアプリで鳴らしてみましょう。

どんな響きですか?

思考が整理されて頭に残りやすくなるのでぜひ言葉にしてみましょう。

ではそのままドとソが鳴っているのを聴きつつ、心でミの音を歌ってみます。

できましたか?

ドとソの音が消えてしまったら何度も押して鳴らしてください。

これはまだアプリでは確かめないでおきましょう。

今のミを心で歌い続けていてくださいね。

そのままアプリで鳴らす音をドとラにします。

ミは心の中で歌い続けながらしっくりくる気持ちのいい音程になるよう高くしたり低くしたりしてみましょう。

さて、ドとソの時に比べてどんな違いがありましたか?

・全体の響きはどう違ったか

・ミの音はどんな風に音程を動かしたくなったか

これも具体的に言葉にするのがおすすめです。

ネタバレになるのでまずは自分で言葉にしてからこの先を読みましょう。

今のドミソとドミラは明るいか少し暗いかの雰囲気の違いがありましたよね。

その中のミの音はドミソとドミラそれぞれの和音で気持ちのいいポイントが違ったと思います。

具体的にはドミソの時は少し下げめにしてドミラの時は少し上げめにしたのではないでしょうか。

これは第3音を何セントどうこうという実験ではないので細かくは考えなくて大丈夫です。

明るい和音で少し低めに、陰りのある和音で少し明るめに、なんて全体の雰囲気とは逆のコントロールをするとぴったり合う音程もあるんだな、ということを体験できたのではないでしょうか。

その逆のパターンもあるのでこれはほんの一例です。

実際の合奏やアンサンブルの場面でも理屈に縛られずに自分の耳で気持ちいいポイントを探すというのは大切なことですね!

気が向いたら楽器でもやってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド