ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

絶対音感をつける方法

Pocket

絶対音感があるのが良いとか逆によくないとか議論になることは結構多いですが、その是非はともかくとして小さな頃からやってなかった自分には関係のないことだなんて思ってはいないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

これって実は大人になってからでも身に付けたいと思うなら身に付けられるって知っていましたか?

ダルクローズのリトミックでは一音だけ基準として覚えましょうということが言われます。

なぜ一音だけかというと、それさえわかっていれば残りは相対音感でもわかるから。

それと平均律で全部の音程を記憶してしまうのにはやはり弊害があるから。

一音だけでもわかるようになっていると自分の楽器以外のパートがどんなことを演奏しているのか把握しやすくなるのでアンサンブルする全ての方に役立ちますよ。

具体的にはどうやるかというと、まず最初に音を楽器やアプリで鳴らす前に自分がドだと思う音を心で歌ってみます。

そんなことできないよ!と思うかもしれませんね。

私もちょっと前まではそうでした。

でもこれは習慣なので思い出したタイミングで何度も繰り返しやれば必ず出来るようになります。

初めは当てずっぽうでも良いので心で歌ってみた音を声にして、ピアノやアプリなどで同じだったか違っていたか、違ったとしたらどれくらい高かったか低かったか確認します。

これだけでも何度かやるうちに自分の傾向がわかってくるんです。

例えばinBの楽器を演奏してるとドだと思って実音のシ♭を出していたり、疲れているときは少し低めになっていたり、なんていう風に。

どうしても頭の中がinBやinEsの方は自分でレやラだと思った音をドとして歌ってみるのも良いかもしれません。

朝起きたらド、歯を磨きながらド、階段を登りながらド、なんて日常の中で何度も諦めずにやってみるのがポイントです。

だんだん音の高さによる特徴響きの違いなんかが聞こえるようになっていきます。

チャレンジしてみたい!という方はぜひやってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド