アレクサンダー・テクニーク レッスン 合奏・アンサンブル 身体の仕組み

見えるものが真実だとは限りません

Pocket

前回は耳から得られる情報にはどんなものがあるかというお話でした。

有吉尚子です。こんにちは!

今回は視覚的なことからは何がわかるかを整理してみましょう。

演奏してる人の身体の動きや姿勢などから奏法上のことが判断できると思う方は多いかもしれません。

ここで注意したいのは単純にどういうものが見えたのかということと、

実際に起きていることは必ずしも一致してはいないということ。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

どういうことかというと、例えばものすごく背中が丸くて猫背に見える生徒さんはもしかしたら背中にお肉がたくさんついてしまってるだけ、なんて場合。

本人にとっては一番それが肺など呼吸関連の臓器を圧迫しない都合のいい姿勢だなんてこともあり得ます。

それなのに猫背はダメだ!ということだけで背中をそるようすすめても、逆に吹きにくくなるだけで有害無益です。

以前ご紹介した、私が子供の時に丸顔だからってほっぺたを膨らましてはいないのにしぼませるよう言われたケースと同じことですね。

その後大人になってもほっぺたは萎んでないわけなんですけど(笑)

他にも例はいろいろあります。

ホールでの公演を聴きに行くと演奏中は微動だにしないように見える大演奏家、実は微細な全身のバランス調整の動きが絶え間なく起きているため大きな動きの「ブレ」として見ることはできない場合

「あの奏者は微動だにしてなくて素晴らしい音だったからそれを真似しよう!」

なんてガッチガチに固まって演奏したら音は響かないし肩は凝るしなぜか良いことない…なんてことを引き起こします。

それから口の中など外から見えない部分について、唇をぎゅっとしてるように見えたとしても歯での噛みや舌のコントロールはゆるゆるで音がひっくり返ってしまうケース。

「もっと口を締めて!」なんて言ってもさらに唇をすぼませることになってこちらの意図は伝わりません。

こういう場合はざっくりと「口」ではなく唇の仕事、歯と顎の仕事、舌の仕事をそれぞれ分けて考えると上手く行ったりします。

視覚的な情報ってついつい揺るぎない現実そのもの!なんて気がしてしまいますが、実は見えてるものって情報の断片でしかなかったりするんですよね。

見えたことは本当に起きていることなのかどうか、過信せず考えていきたいですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 合奏・アンサンブル, 身体の仕組み

Copyright © N music salon All Rights Reserved.