楽器練習効率化ガイドブック

譜読みをするとき、
参考音源として聴いた演奏と
実際に現場で音を出してみたときと
聴こえ方が全然違う、
そんな体験をしたことは
あるでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

「あの音をキッカケに入ろう!」
「この楽器の刻みを頼りにしよう」
そんな風に計画を立てていても、
実際合奏の中に入ってみたら
隣で吹いてる人の音はよく聞こえる
けれど頼りにしてたあの楽器は
自分の方に音が飛んで来にくいから
よく聴こえなくて頼れない・・
そんなことだってあるわけですね。

どの楽器が何の動きをしてるか
事前に知っておくのは大切ですが、
マスタリングされたCDなどは
実際の現場での聴こえとは
ぜんぜん違うので
注意が必要かもしれません。

そう言われるとそんなことは
当たり前のような気がするかも
しれませんが、
吹いているときに
自分に聴こえるバランスを無意識で
CDなどで聴いたようなバランスに
しようとしてしまって
思った通りに演奏してるつもりが
合奏全体の中では小さすぎて
客席には全く届いていない、
なんてことは結構ありがちです。

そんな風に近くで鳴ってる音しか
自分で聴いていない場合、
指揮者に「もっと」と言われても
指揮者が変な要求をしてるような
気がしてしまうかもしれませんね。

そういうときは
ホールから反響して返ってくる音に
注意を向けてみると全く違う
バランスに聴こえて面白いですよ。

簡易的な録音機は拾いやすい音域に
偏りがあったりしてあまり
アテにならないことも多いので、
それも知っておきたいことの
一つですね。

参考になることがあれば
ぜひやってみて下さいな!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。