コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

電車でリズムの練習

何通か前の記事で腕時計で出来るテンポキープの練習をご紹介しましたが、試してみましたか?

意外と難しいはずなので焦らず毎日少しずつ積み重ねてみてくださいね。

有吉尚子です。こんにちは!

「もう出来るようになったよ!」という方にはちょっと発展系で、リズムの練習を試してみましょう。

必要なのは左右の指一本ずつと秒針のわかる時計。

まず左手の指一本でテンポ60を秒針に合わせながらどこかにトントンしてみましょう。

常に時計を見続けなくてもカウントしていられるようになったら、そのカウントは続けながら右手の指でリズムをトントンやってみます。

最初は簡単にこんなリズムがいいでしょう。

8分音符がヨレないよう正確に一拍を二等分出来ているかよく注意してみてくださいね。

遅れたり走ったりしないでビートとリズムができたら今度はさっきリズムをやってた右の指でビートをトントンして、反対の左手の指ではさっきとは別のリズムをやります。

例えばシンプルにこんなのを。

それも安定して出来たら次はちょっとレベルアップ。

左右それぞれやったリズムを同時に組み合わせてみます。

どうですか?

意外に難しいでしょう。

テンポが走ったり遅れたりせず一定に進んでいるかどうかも注意しながらやってみましょう。

もしこれもできたら、次は左右の手を反対にして同じことをしてみます。

これはリズムをやりながらテンポをブレないようキープすることと、同時にいくつかのリズムを把握することで仲間の演奏してる旋律を自分も吹きながら把握する練習になります。

相手がどんなことをやってるかわかっていたらリズムの噛み合わせだけでなくアンサンブルがしやすくなりますよね。

ぜひやってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド