アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション ソルフェージュ 思考と心 身体の仕組み

心身の問題は恥ずかしいこと?

Pocket

本当は悩んでいることがあるけれどうかつに誰かに相談したら「あの人は調子が悪いらしい」という噂が広がって仕事が回してもらえなくなるので不調は隠したい。

でもアレクサンダーテクニークなら今の自分の悩みを解決できるかも、という気がするんです。

だからこっそり内緒で相談させてもらえませんか。

いうお話をプロ奏者から持ちかけられることが実はとても多いのです。

実際わたしたちが演奏に関して心身面のサポートを受けるということについて考えたときに

「恥ずかしいこと」

「具合の悪い人が受けるもの」

「自力の努力でなんとかなる」

なんて思ってる人は少なくないのではないでしょうか。

とはいえ表現するってそんなに簡単で自力で解決できることばかりではありませんよね。

そして自力でなんとかなるはずと思っているものを何ともできていない状況というのはとてもストレスになるでしょう。

でもそもそも楽器の奏法だって譜読み法もソルフェージュも最初から誰の助けも借りずに自分だけでなんとかできるなんてものではありません。

どうしてわたしたちは自分の身体や心を思い通りにコントロールできるのが当たり前だと考えてしまうのでしょう。

役者さんやアスリートなど音楽以外では研究されている分野も増えてきているようですが、音楽は点数や順位というような一目でわかりやすい結果と必ずしも繋がっていないことと(コンクールは別として)失敗しても骨折や死亡のような大事故が起きるというわけではないからでしょうか。

とはいえ演奏というのは繊細なコントロールが必要であり心身の状態がパフォーマンスに大きく影響するわけなので奏法や耳の使い方や譜読みについていくら学んでも心と身体がぐずぐずではどうにもなりません。

音楽家もカウンセリングやコーチングなどメンタル面と、アスリートのように専属のトレーナーをつけたり時には医療にお世話になったりなどフィジカル面のサポートを受けるということがもっと当たり前になっていけば

「恥ずかしいこと」

「具合の悪い人が受けるもの」

「自力の努力でなんとかなる」

なんて無意味に自分を追い詰めて可能性を狭めてしまうようなことや本格的に心身のバランスを崩して演奏をやめてしまうような人は減っていくのではないでしょうか。

ちゃんとサポートを受けられたらまだまだ音楽を続けられるのにそれができないというのは悲しいことだと思います。

本人が必要としているときに適切なサポートを受けられるよう時代が変わっていくといいですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, ソルフェージュ, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド