楽器練習効率化ガイドブック

本当は悩んでいることがあるけれど
うかつに誰かに相談したら
「あの人は調子が悪いらしい」
という噂が広がって
仕事が回してもらえなくなるので
不調は隠したい。

でもアレクサンダーテクニークなら
今の自分の悩みを解決できるかも、
という気がするんです。

だからこっそり内緒で
相談させてもらえませんか。

いうお話をプロ奏者から
持ちかけられることが
実はとても多いんです。

有吉尚子です。こんにちは!

実際わたしたちが演奏に関して
心身面のサポートを受ける
ということについて考えたときに

「恥ずかしいこと」

「具合の悪い人が受けるもの」

「自力の努力でなんとかなる」

なんて思ってる人は
少なくないのではないでしょうか。

とはいえ
表現するってそんなに簡単で
自力で解決できることばかり
ではありませんよね。

そして自力でなんとかなるはず
と思っているものを
何ともできていない状況というのは
とてもストレスになるでしょう。

でもそもそも楽器の奏法だって
譜読み法もソルフェージュも
最初から誰の助けも借りずに
自分だけでなんとかできるなんて
ものではありません。

どうしてわたしたちは
自分の身体や心を思い通りに
コントロールできるのが当たり前
だと考えてしまうのでしょう。

役者さんやアスリートなど
音楽以外では研究されている分野も
増えてきているようですが、
音楽は点数や順位というような
一目でわかりやすい結果と
必ずしも繋がっていないことと
(コンクールは別として)
失敗しても骨折や死亡のような
大事故が起きるというわけでは
ないからでしょうか。

とはいえ演奏というのは
繊細なコントロールが必要であり
心身の状態がパフォーマンスに
大きく影響するわけなので
奏法や耳の使い方や
譜読みについていくら学んでも
心と身体がぐずぐずでは
どうにもなりません。

音楽家もカウンセリングや
コーチングなどメンタル面と、
アスリートのように
専属のトレーナーをつけたり
時には医療にお世話になったりなど
フィジカル面のサポートを受ける
ということがもっと当たり前に
なっていけば

「恥ずかしいこと」

「具合の悪い人が受けるもの」

「自力の努力でなんとかなる」

なんて無意味に自分を追い詰めて
可能性を狭めてしまうようなことや
本格的に心身のバランスを崩して
演奏をやめてしまうような人は
減っていくのではないでしょうか。

ちゃんとサポートを受けられたら
まだまだ音楽を続けられるのに
それができないというのは
悲しいことだと思います。

本人が必要としているときに
適切なサポートを受けられるよう
時代が変わっていくといいですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。