楽器練習効率化ガイドブック

アレクサンダー・テクニークでは
やりたいことのための
自分への指示としての言葉を
「○○をしないように」ではなく
「△△をする」と言い換えることを
よくやります。

それは肯定形の方が身体に対して
意図が通じやすくて動きやすい
というのが理由です。

有吉尚子です。こんにちは!

ではより強くやることを思うために
「絶対△△しなければならない!」
なんて考えるのはやりたいことを
するのにより良いのでしょうか。

例えば風邪を引いたりしたときに
「絶対寝ていなければならない」
と思って横たわっているのと
「そうしたいなら寝ていてもいい」
と思って横たわっているのは
どちらが快適に休めるでしょう。

寝込むほどの風邪なら快適ではない
なんて思わずに考えてみましょう。

これ、どちらかというと
「寝ていてもいい」
の方が気が楽でよく休めるのでは
ないでしょうか。

人は自分からでも他からでも
なにか強制されると抵抗するように
なっているそうです。

それは性格とか育ちとかではなく、
人間に備わった性質なんだそう。

合奏の練習日なんかでも
「今日は行かなければならない」
よりも
「行っても行かなくてもいいけど
行くことを選択する」
と思った方が行く気になりますね。

より強く「やらなければ!」
と思うと逆効果になってしまうのは
なんだか不思議ですよね。

これは
「○○しないよう△△をする」
という言葉には
「△△以外してはいけない」
「失敗することは許されない」
そんなニュアンスを感じるから
ではないかと思います。

思考のどこかに禁止や否定の意図
があると身体全体の動きやすさが
変わってしまうようです。

強制には何かを禁止や否定する
意図が含まれているために
「やりたくない、動きたくない」
なんて感じてしまうのでは
ないでしょうか。

どうしてもしたいことがあるなら
「絶対やる!」というのよりは
「これをやることを選択する」
という考えの方がよりやりたく
なりませんか?

強い肯定の表現ならいいかと思うと
実はそうではなく、
いくつかの選択肢の中から自分で
選ぶというのが大切なプロセス
なのは興味深いですね。

色んな場面でぜひ試してみて
くださいな。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。