アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

間違えたら取り敢えずやり直す習慣

Pocket

練習していて間違えたとき、「今のはたまたまだからもう一回」なんて反射的にやり直すことってないでしょうか。

実はこれ、レッスンのときにも結構よく目にします。

間違えたのを無かったことにするこの反射的なやり直し、練習を進める上であまりオススメできるやり方ではありません。

というのは、間違えた動作も脳は覚えてしまうということだけでなく、練習のための大切なプロセスが抜けてしまう習慣を作るから。

練習というのは演奏したいことを出来ない原因を試行錯誤しながら解決していく作業でもありますね。

そのときに間違えたというのは貴重な情報になるのです。

自分の身体で何を意図して演奏したら上手く行かなかったのかというのは他人である先生の体験を聞いたりするよりずっと自分のオリジナルのやり方を見つける助けになるのですね。

間違えたってそれはせっかくの情報なので上手く行かないやり方のサンプルをたくさん集めましょう!

そうしたら本番など上手く行かせたいときに選択したくないものがはっきりしていきます。

それにどういう意図で吹いたらこんな音になるというのは覚えておけば別の場面で使えるアイデアになるかもしれません。

そして上手く行かなかったやり方の何を変えたら上手くいくのかを実験しましょう。

実験は必ずしもいつも成功するとは限らなくて逆にさらに上手く行かない方向に行くかもしれません。

そしたらその情報を基にして反対方向に再度実験です。

そうやってどんな意図・手順で演奏したら上手く行くかがわかってきますね。

頭を使って身につけたことは再現性があります。

たまたま間違えたから次はたまたまできるかもしれない!もう一回!

それでたまたま成功したとしたら、本番など大事な場面で上手くやるための意図や手順はわからないままです。

まぐれを期待するのは練習ではなくただのギャンブルです。

成功かそうでないか何を意図してどんな手順を取ったのか、情報を整理して次にやることの意図を明確にしてから改めて次のチャレンジをする習慣をつけると、とにかく成功するまで繰り返す!なんて場合よりずっと短時間で精度の高い練習ができますよ。

ピンときたらぜひぜひ取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド