アナリーゼ ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

合奏準備のための練習の仕方

一人のときに練習しなかったことを
合奏でいきなりしなきゃならない!
となったときだけ急に対応するのが
難しいのは自然なことですよね。

有吉尚子です。こんにちは!

合奏になったときに周りの音の
聴こえ方が変わったり
合わせるためのコントロールが
必要になったりするわけですが、
実はそれも一人で譜読みをしている
ときにも練習できる方法が
あるんです。

例えば一緒に出る人が誰なのか
楽譜にメモしておいたり、
自分の休みのところでどんな音が
聞こえるはずなのかスコアをみて
確認したり。

自分のフレーズと噛み合うはずの
フレーズがあるのなら、
そのパートのリズムを足でトントン
やってみながら吹いてみるのも
わかりやすくてオススメです。

他にもCDに合わせて吹いてみる
なんていうのもいいですね。

もちろんイメージしてたものと
実際の合奏ではバランスや
近くにいて大きく聴こえるパートは
違ったりするでしょうが、
何にも用意していない場合に比べて
「あ、ここがイメージと違った」
「これは思ったより注意した方が
合いやすいな」
なんて冷静に情報を受け取ることが
できるようになっているはず。

何となくでも他のパートをイメージ
しつつ吹けるようになっておくと、
合奏になったときにも予想外の音が
聴こえて戸惑ったりすることは
少なくなるので、
一人で練習しているときにも
合奏の準備の練習も取り入れて
みるのはオススメですよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド