思考と心 身体の仕組み

義務感やプレッシャーを感じたとき

Pocket

長く演奏を続けていると楽器を初めて触ったときには思いもしなかった「本番失敗しないように」「練習するべきだからやらなきゃ」そんな考えが出てきますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

そういうときって楽しさや充実より義務感やストレスを感じたりしませんか?

本当は音楽をやることでイライラしたり自己嫌悪になったりしたいわけじゃないはずです。

じゃあ、あなたはなんで音楽をしているんでしょうか。

音楽をやる理由は人それぞれ色々あると思います。

・趣味として

・仕事として

・生きがいとして

・新しい刺激を求めて始めてみる

・仲間とワイワイするためにやる

他にもたくさんあるでしょう。

演奏を褒めてもらうことで自己肯定感を得たいというのも、仕事を離れてアンサンブル仲間と楽しく過ごしたいというのも、その人にとって大切なことなら全部が正当な理由だと思います。

本番のプレッシャーから逃れたいようなときや練習がイヤなとき、極論をいうなら辞めたって逃げたって別にいいはずなのに音楽をやるという選択をするのはなぜなんだろう?と考えてみるのはどうでしょう。

「ミスしないように」「緊張しないように」「基礎練はしなきゃならない」そういうネガティブな思考からやろうとしてもエネルギーが上手く使えません。

肯定的で自分にとって本当だと思えることを思い出すと、そのために何をしようかというのがはっきりするし、身体の動きもスムーズになってパフォーマンスの質が上がったりするんです。

何かを避けるため・やらないためということじゃなくて、やりたいことや得たいものにフォーカスして考えるのはオススメですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド