練習 身体の仕組み

スケール練習の弊害

スケール(音階練習)って、
レッスンを受けたり教則本を見たり
すると必ず出くわしますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

全部の調で音階が吹けると
シャープやフラットが多いからって
不安にならずテクニックに
余裕が持てますし、
調性感も身に付きますから
これはとても良い練習です。

とは言っても
ドレミファ………ソファミレドと
順番に上がって下がって、
というパターンだけをやっている
ことには実は問題もあるんです。

この順次進行の音形で指を一本ずつ
順番に離して行く・押さえていく
というのを続けていると、
その動きがクセになります。

練習するというのは必要なときに
無意識で行えるようにクセをつける
というのと同じ意味ですから、
クセがつくこと自体は
悪いことではありません。

ただ、実際の曲の中で吹くときは
一本ずつ順番の動きだけ
じゃありませんよね。

3度、4度でなん本も指を一緒の
タイミングで動かすこともあるし、
中指だけ残して他の指を全部同時に
上げるようなこともあるし、
色んなパターンがあるわけです。

そういうときに指がバラけて
違う音が入ってしまうのは、
順次進行のスケールばかりを
やっていたときに起きてしまう
弊害の一つです。

「指はバラバラに
 一本ずつ動かすもの」
という風に脳が記憶して
しまっているのですね。

色んなパターンの音形に安定して
対応できるようにするためには、
音階練習は順次進行だけでなく

ドミレファミソ…など
3度でのスケール、

ドファレソミラなど
4度でのスケール、

アルペジオ(分散和音)など、

色んなパターンで行いましょう。

それが全部の調で吹けたら、
テクニックもかなり向上する
はずですよ。

ピンときたら取り入れてみて
くださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド