練習 身体の仕組み

スケール練習の弊害

Pocket

スケール(音階練習)って、レッスンを受けたり教則本を見たりすると必ず出くわしますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

全部の調で音階が吹けるとシャープやフラットが多いからって不安にならずテクニックに余裕が持てますし、調性感も身に付きますからこれはとても良い練習です。

とは言ってもドレミファ………ソファミレドと順番に上がって下がって、というパターンだけをやっていることには実は問題もあるんです。

この順次進行の音形で指を一本ずつ順番に離して行く・押さえていくというのを続けていると、その動きがクセになります。

練習するというのは必要なときに無意識で行えるようにクセをつけるというのと同じ意味ですから、クセがつくこと自体は悪いことではありません。

ただ、実際の曲の中で吹くときは一本ずつ順番の動きだけじゃありませんよね。

3度、4度でなん本も指を一緒のタイミングで動かすこともあるし、中指だけ残して他の指を全部同時に上げるようなこともあるし、色んなパターンがあるわけです。

そういうときに指がバラけて違う音が入ってしまうのは、順次進行のスケールばかりをやっていたときに起きてしまう弊害の一つです。

「指はバラバラに一本ずつ動かすもの」という風に脳が記憶してしまっているのですね。

色んなパターンの音形に安定して対応できるようにするためには、音階練習は順次進行だけでなくドミレファミソ…など3度でのスケール、

ドファレソミラなど4度でのスケール、

アルペジオ(分散和音)など、

色んなパターンで行いましょう。

それが全部の調で吹けたら、テクニックもかなり向上するはずですよ。

ピンときたら取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド