アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 思考と心 練習

演奏中に息のことなんて考えられない

Pocket

「息のことなんか考えてたら音楽できないよ」

そんな風に思ったことはありませんか?

それはその通りですよね。

身体のこと、心のこと、演奏する上では出来た方が有利なことってたくさんです。

でもいちいち演奏中に

「指をこう動かして」

「このパートのこの音を聴いて」

「楽譜はこうなってるから・・」

なんて考えていられませんよね。

常に全部を同時に考えていたらそのうち頭がパンクしてしまうかもしれません。


とはいえ

「上手な人はそれをやってるし」

というのも本当。

じゃあどうしたらいいの?!

これってつまり考える必要がある段階だからいけないんです。

無意識で当たり前のこととして自動運転になっていればいちいち「あれしてこれして」なんて思わなくても出来るもの。

朝起きて歯磨きをするのにいちいち歯磨き粉の分量を計ったりどう歯ブラシを持つか考えたりどの順序で歯をこするか迷ったりしないのと同じ。

身体をどう動かすか、息をどう吸ってどう吹き込むか、動く時にどんなことを意図するか、始めは不慣れだからいちいち考えて選び取っていく必要があります。

でもそれが慣れた動作になって当たり前になってしまえば意識に上っていなくてもちゃんと出来るわけですよね。

考えなきゃできないってことは新しい動きや意図にまだ慣れてないってこと。

新しいことに慣れていってそれが当たり前になるようにする、それは練習のひとつの目的です。

「あれもこれも考えなきゃいけないから大変!」

と感じるなら練習するときに何を目的にやっているか改めて見直してみるのもいいかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド