楽器練習効率化ガイドブック

「息のことなんか考えてたら
音楽できないよ」

そんな風に思ったことは
ありませんか?

それはその通りですよね。

有吉尚子です。こんにちは!

身体のこと、心のこと、
演奏する上では出来た方が
有利なことってたくさんです。

でもいちいち演奏中に

「指をこう動かして」

「このパートのこの音を聴いて」

「楽譜はこうなってるから・・」

なんて考えていられませんよね。

常に全部を同時に考えていたら
そのうち頭がパンクしてしまう
かもしれません。


とはいえ

「上手な人はそれをやってるし」

というのも本当。

じゃあどうしたらいいの?!

これってつまり考える必要がある
段階だからいけないんです。

無意識で当たり前のこととして
自動運転になっていれば
いちいち
「あれしてこれして」
なんて思わなくても出来るもの。

朝起きて歯磨きをするのに
いちいち歯磨き粉の分量を計ったり
どう歯ブラシを持つか考えたり
どの順序で歯をこするか迷ったり
しないのと同じ。

身体をどう動かすか、
息をどう吸ってどう吹き込むか、
動く時にどんなことを意図するか、
始めは不慣れだからいちいち考えて
選び取っていく必要があります。

でもそれが慣れた動作になって
当たり前になってしまえば
意識に上っていなくても
ちゃんと出来るわけですよね。

考えなきゃできないってことは
新しい動きや意図に
まだ慣れてないってこと。

新しいことに慣れていって
それが当たり前になるようにする、
それは練習のひとつの目的です。

「あれもこれも考えなきゃ
いけないから大変!」

と感じるなら練習するときに
何を目的にやっているか
改めて見直してみるのも
いいかもしれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。