アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 思考と心 練習

テレビの録画、できますか?

Pocket

動画の編集なんて難しそうすぎる!一度生まれ変わらなきゃ絶対ムリ!

そんな風に思っていたのは数年前のわたしです。

とある勉強会で動画を撮って自分のスマホで編集してみる、というワークがあったのですね。

そのときに最初から諦めモードで「絶対ムリ!」と思ってたのです。

でもね。

実際やってみたら10分くらいでちゃんとできちゃいましたよ。

実はわたしは大学生の頃パソコンの電源の入れ方はわからない、ビデオの録画なんて不可能。

というかむしろテレビのスイッチを入れるボタンが何色なのかもわからない。

ちょっとやって難しいと思ったらすぐに諦めてしまうという、やらず嫌いでわかろうとしないしょうもないタイプだったのです。

みなさんもそんな風に新しいトレーニングやレッスンに取り組んでみようと思った時に、

「どういう風にやればいいかわからない」

「これをやってどんな効果があるのかわからない」

「どういう状態が出来てるってことなのかわからない」

そんな風に戸惑いを感じることってあるかもしれませんね。

目指したい状態になるために新しい動作や思考パターンに慣れていくというのは、脳の新しい回路を作っていくという作業ですからこれは自然なことなのですね。

わたしがまだトレイニーでアレクサンダー・テクニークの教師養成コースに通っていた頃、トレイニー仲間からもたくさん「わからないけどわかりたい」という葛藤に悩んでるって声はたくさん耳にしました。

ダルクローズのリトミックを定期的に学んでいるときにも一緒に受講してる仲間はほとんどが音大出身の演奏家や指導者でしたが「どの内容も難しくて大変」なんて声は日常茶飯事でした。

でも出来ないからやめる、という人はいませんでしたね。

そしてやめなかった人はみんなちゃんとそれぞれの学びに習熟して資格を取ったり仕事で使えるように身につけたりしていきました。

何が言いたいかというと、どんな学びについても言えるのは今まで全く知らなかったことや新しいことに出会ったときには抵抗感があるものだということ。

その「難しい」「わからない」なんていう抵抗感に負けてやめてしまえばそこまでで終わり。

何にも身につかないしわからないことはそのまま、全然何にも変わらない毎日に戻っていくだけ。

それが嫌で「どうしても変わりたい」「絶対ステップアップしたい」と思うなら抵抗感がありながらも続けてみるのも大切なのです。

わたしが普段やっているソルフェージュのレッスンもそう。

始めてのときにわからなくて出来ないのは当たり前。

だってわからなくて出来ないからこそ現在問題を抱えているわけなのですから。

そして今までのご自身の概念になかったことなのだからすぐに理解して身につけられるなんてことは不可能で当然。

最初のわからない苦しいところを抜けるまでこらえられるかどうかが第一関門になっているのですね。

そして続けている生徒さんはみんな

「コンサートで褒められた!」

「リズムが一定のテンポでキープ出来るようになってきた」

「音痴な気がしてたハーモニーがきれいにハマるようになった」

なんていう成果を少しずつでもちゃんと手にして行ってるのです。

新しいことがわからなくて出来ないのは当たり前。

その段階で諦めてしまわずに根気よく向き合うことが大切。

知らなかった分野に挑戦するときや専門外のことを学ぼうと思った時なんかにも心がけていたいことのひとつですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成®メソッド