楽器練習効率化ガイドブック

動画の編集なんて難しそうすぎる!
一度生まれ変わらなきゃ絶対ムリ!

そんな風に思っていたのは
数年前のわたしです。

有吉尚子です。こんにちは!

とある勉強会で動画を撮って
自分のスマホで編集してみる、
というワークがあったんですね。

そのときに最初から諦めモードで
「絶対ムリ!」と思ってたんです。

でもね。

実際やってみたら10分くらいで
ちゃんとできちゃいましたよ。

実はわたしは大学生の頃パソコンの
電源の入れ方はわからない、
ビデオの録画なんて不可能。

というかむしろテレビのスイッチを
入れるボタンが何色なのかも
わからない。

ちょっとやって難しいと思ったら
すぐに諦めてしまうという、
やらず嫌いでわかろうとしない
しょうもないタイプだったんです。

みなさんもそんな風に
新しいトレーニングやレッスンに
取り組んでみようと思った時に、

「どういう風にやればいいか
 わからない」

「これをやってどんな効果が
 あるのかわからない」

「どういう状態が出来てるって
 ことなのかわからない」

そんな風に戸惑いを感じることって
あるかもしれませんね。

目指したい状態になるために
新しい動作や思考パターンに
慣れていくというのは、
脳の新しい回路を作っていく
という作業ですから
これは自然なことなんですね。

わたしがまだトレイニーで
アレクサンダー・テクニークの
教師養成コースに通っていた頃、
トレイニー仲間からもたくさん
「わからないけどわかりたい」
という葛藤に悩んでるって声は
たくさん耳にしました。

ダルクローズのリトミックを
定期的に学んでいるときにも
一緒に受講してる仲間はほとんどが
音大出身の演奏家や指導者でしたが
「どの内容も難しくて大変」
なんて声は日常茶飯事でした。

でも出来ないからやめる、
という人はいませんでしたね。

そしてやめなかった人はみんな
ちゃんとそれぞれの学びに習熟して
資格を取ったり仕事で使えるように
身につけたりしていきました。

何が言いたいかというと、
どんな学びについても言えるのは
今まで全く知らなかったことや
新しいことに出会ったときには
抵抗感があるものだということ。

その「難しい」「わからない」
なんていう抵抗感に負けて
やめてしまえばそこまでで終わり。

何にも身につかないし
わからないことはそのまま、
全然何にも変わらない毎日に
戻っていくだけ。

それが嫌で
「どうしても変わりたい」
「絶対ステップアップしたい」
と思うなら抵抗感がありながらも
続けてみるのも大切なんです。

わたしが普段やっている
ソルフェージュのレッスンもそう。

始めてのときにわからなくて
出来ないのは当たり前。

だってわからなくて出来ない
からこそ現在問題を抱えて
いるわけなんですから。

そして今までのご自身の概念に
なかったことなんだから
すぐに理解して身につけられる
なんてことは不可能で当然。

最初のわからない苦しいところを
抜けるまでこらえられるかどうかが
第一関門になっているんですね。

そして続けている生徒さんはみんな

「コンサートで褒められた!」

「リズムが一定のテンポでキープ
 出来るようになってきた」

「音痴な気がしてたハーモニーが
 きれいにハマるようになった」

なんていう成果を少しずつでも
ちゃんと手にして行ってるんです。

新しいことがわからなくて
出来ないのは当たり前。

その段階で諦めてしまわずに
根気よく向き合うことが大切。

知らなかった分野に挑戦するときや
専門外のことを学ぼうと思った時
なんかにも心がけていたいことの
ひとつですね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。