レッスン 思考と心 練習

難しいのをやっても上手くならない理由

Pocket

わたしがクラリネットのレッスンを初めて受けたころ、「指示したもの以外に難しいのをやったとしてもムダですよ」と先生に釘を刺されました。

当時わたしは実際以上に自分が上手にクラリネットを吹けるような気になっていて、先生が指示してくださる課題が簡単すぎるのでは?なんて思っていたんですが、先生にはお見通しだったのですね。

恥ずかしい。。

レッスンの課題として出すものは生徒が抱えてる問題を確実にクリアするためだったり、新しい刺激に触れるためだったり、その時々で明確な狙いがあるもの。

それはどういう手順を取ると上手くなっていくかを知っている専門家だからこそできる提案です。

自分にどういうトレーニングや手順が必要なのかよくわからない素人が適当に選んだ教材が専門家の提案よりも上達の助けになることなんてあるわけないのです。

むしろ順序立てて上達の階段を登れるように考えている計画をめちゃくちゃにしてしまうので逆効果になることだってある。

わたしはそういうことをわかっていなかったのです。

そして先生にはレッスンでたった一音聴いたらもうそれだけでその生徒がどういう練習をしたかまたはしていないかが丸わかり。

「余計なことをして変な習慣をつけてきたな」と思われていたのでしょう。

わたしも教えるようになってそれがすごくよくわかります。

一見遠回りに感じるような根気の必要な練習をまじめにコツコツとやる人はすごくはやく上手くなるのです。

反対に一見近道に感じられる自分のレベル以上の課題ばかりやろうとする人はなかなか上手くなりません。

そして最初の一音を聴けばどんな練習をしてきたのかはわかってしまうのですね。

「こんな練習をしてきましたね」とわざわざ言われなくても、気疲れているものなんですよ。

あなたはレッスン前の練習をどういう風にやっていますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド