コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 思考と心 練習

「合わせよう」と思うより合わせられる方法

Pocket

アンサンブルをしていて注意して合わせようととっても気を遣っているのになぜか上手くいかない、そんなことってありませんか?

合わない原因は「合わせよう」と思ってるからかもしれません。

じゃあ反対に「合わせない」と思えば合うなんてことではないのです。

合わせようと思った時って心にあるのは合わせたい対象の人がどう歌い回すかどう動くか、なんてことではないでしょうか。

そこに注意を払うのはもちろん大切なことですよね。

とはいえ。

「合わせよう」で頭がいっぱいになってるとき、音楽の流れや盛り上がり方は気にしているでしょうか。

1stやトップのあなたが合わせたいその相手は音楽の流れを見ていてそこに乗ろうとしているんじゃ無いでしょうか。

きっとさらに別の誰かの様子をじっとうかがって真似してるわけじゃありませんよね。

それならあなたも合わせる相手だけじゃなく合わせたい相手が見ているものを一緒に見てみたらどうでしょう。

音楽の流れを考えずただ単純に「合わせよう」としか思ってないと実はぜんぜん合わないのですね。

合わせたい相手が見ているものに注意を払うと変わってくることも多いかもしれませんよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド