楽器練習効率化ガイドブック

アンサンブルをしていて
注意して合わせようと
とっても気を遣っているのに
なぜか上手くいかない、
そんなことってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

合わない原因は
「合わせよう」
と思ってるからかもしれません。

じゃあ反対に
「合わせない」
と思えば合うなんてことでは
ないんです。

合わせようと思った時って
心にあるのは合わせたい対象の人が
どう歌い回すかどう動くか、
なんてことではないでしょうか。

そこに注意を払うのは
もちろん大切なことですよね。

とはいえ。

「合わせよう」
で頭がいっぱいになってるとき、
音楽の流れや盛り上がり方は
気にしているでしょうか。

1stやトップのあなたが合わせたい
その相手は音楽の流れを見ていて
そこに乗ろうとしているんじゃ
無いでしょうか。

きっとさらに別の誰かの様子を
じっとうかがって真似してるわけじゃ
ありませんよね。

それならあなたも合わせる相手
だけじゃなく合わせたい相手が
見ているものを一緒に
見てみたらどうでしょう。

音楽の流れを考えずただ単純に
「合わせよう」
としか思ってないと
実はぜんぜん合わないんですね。

合わせたい相手が見ているものに
注意を払うと変わってくることも
多いかもしれませんよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。