コミュニケーション 合奏・アンサンブル 思考と心

ダメ出しでは上手くならない

Pocket

「その奏法間違ってるよ」「音程が合ってないね」

そんなダメ出しをされることって結構たくさんありますよね。

では合奏指導の手法として、ダメ出しをするというのはどんな効果があるのでしょうか。

「自分はダメなんだ」「上手くないからなー」「どうせ趣味だし」

そんな風にネガティブな気持ちになってしまうのではありませんか?

上手くなってほしい、

もっと楽しめるようになってくれたらいいな、

そんな願いがあってするダメ出しだとしても萎縮させたり自己否定させたりしてしまうなら逆効果

本当に上手くなるための声がけはダメ出しじゃないのですよ。

上達したい人が本当に知りたいのはどこがダメかよりも今やっていることが行きたい方向に近づいているのどうか。

正しい方向にいってるのであればそのまま頑張ればいいし、そうでないなら違う方向にむかう方法を探さなければなりません。

ただのダメ出しではそのどちらも得られないんですよね。

ダメ出しをするのは簡単だし教えてる感があるのでついついやってしまいがちですが、人になにか伝えることを「ついついやっちゃう」なんてぼんやりした考えでするのはとっても失礼なことでもあるのですよね。

合奏パート練習をするならどんな声がけをすると良いのかも考えて選択したいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド