アナリーゼ コミュニケーション 思考と心 練習

様式に振り回されていませんか?

モーツァルトはこんな様式、シェーンベルクならこう演奏する、なんて楽譜を見た瞬間に思ってしまうことってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

すごく勉強してきて知識のある方に起こりがちなことかもしれません。

では。

モーツァルトならソナタもオペラもどれもこれも同じ演奏の仕方で果たしていいのでしょうか。

現代曲ならば無機質でさえあればそれでいいのでしょうか。

そんなわけありませんね。

これは現実の人が相手のコミュニケーションと同じことなのではないでしょうか。

「この人はこういうタイプだから」
「こう対応すれば喜ぶだろう」

そんな風に現在の生身の相手ではなく自分が想像したタイプ別対応法で接すればいい関係が築けるわけではないどころか反感を買ってしまうこともあるのと似ていると思います。

ちなみに私が以前よく遭遇したイラッとする決めつけは「女の子だから甘いものが好きなんでしょ?パフェおごってあげるよ。」なんていうもの。

私はパフェよりワイン派です(笑)

その作品からどんな印象を受けるか一切の定義を保留してただ向き合うなんてことは実はプロでもしていないことがあるんです。

それまで出会ってきた作品、今までに知り合った人、そういう自分の過去の経験からの延長での想像に目を向けるのと、目の前にある作品や人がどんななのか常に新鮮に向き合うのはまったく別のことです。

それは奏法にも言えるし、同じ作品に時間を開けて取り組むようなときにも言えることです。

決めつけず定義を保留するのは自分がどう反応するか事前に決めずアドリブで対応することなので最初は勇気がいるかもしれません。

それでも新しい曲を演奏する時は心を開いて改めて新しいものと出会う姿勢をもっていたいですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, コミュニケーション, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド