楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.31からの
音符と休符のところです。

これは普段合奏をしてる方には
当たり前なことばかりなので
サラリと通り過ぎたいと思います。

最初に音符と休符の長さについて
書いてますね。

特に説明はいらないと思いますが、
複付点だけ簡単に解説しましょう。

通常の付点音符についてる点、
これは音符の長さの半分ですね。

付点4分音符なら8分音符3個分の
長さになります。

そして複付点になると、
一つ目の点の長さのさらに半分の
長さが足されます。

休符になった場合も同じですね。

それから長い休符のときは
何小節かまとめて書いてあるのも
ほとんどの方が見たことがあると
思います。

これ、演奏中に数え損ねると
迷子になるんですよね。

オペラなんかだと800小節休み、
なんてこともあるので
落ちないために音を出してるパート
などをメモしておくと安心ですね。

例えば自分の出る6小節前から
フルートが出てくるよ、
なんてメモならこんな風に。

それから連符は何拍に音符何個、
なんて別に覚えなくても
小節内の拍の数を数えたら
わかるので心配いりません。

タイはについても出てきていますが
楽譜を見やすくするために
使われることもありますよ、
ということです。

そんなこんな、
特に覚えることも無いので
この章はさらりと通り過ぎて
しまい次に進みましょう!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。