アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

シンコペーションとは

楽典を一緒に読んでみましょうの
シリーズ、今回はp.64の
シンコペーションの項目から
行きましょう。

有吉尚子です。こんにちは!

シンコペーションというのは
平たく言うと強拍が移動した感じの
するのもののことですね。

なので次に来るはずの強拍が
タイや休符でズラされて聴こえる
ものをそう呼びます。

そのズラされのパターンがいくつか
本に載せてありますね。

p.67の譜例55なんかはタイ
ではなく休符がシンコペーションを
感じさせる例になっています。

他に譜例57はアクセントの表記で
シンコペーションになっていたり、
譜例58では違う拍子に感じられる
ような例を出していますね。

これみたいにシンコペーションが
ずっと続いて別の拍子に
感じられる表記を「ヘミオラ」
なんて呼んだりします。

でもずっと強拍がズレ続けると
だんだんズレてる感じがしなく
それが本来の拍子のように
感じられてしまうので、
シンコペーションだと感じるには
頭拍にベース音があったりなど
何か基準になるものが必要
なんですね。

そのあとp.68からの
「リズムに関する記譜上の注意」
の項目はひと目でどんな譜割りか
わかるような表記をしましょう、
ということが書いてあります。

音符の旗の結び方とかの見た目の
お話なのでアレンジをしたり、
楽譜を書き直したりすることの
ある方は自分が見やすいかどうか
気をつければ自然におかしな表記
にはならないでしょうから
この項目は覚えたり心配したり
しなくても大丈夫だと思います。

次はp.75の第四章「音程」の
ページからみていきましょう!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド