アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

シンコペーションとは

Pocket

楽典を一緒に読んでみましょうのシリーズ、今回はp.64のシンコペーションの項目から行きましょう。

楽典の本を購入したい方はこちらからどうぞ
▼▼▼

シンコペーションというのは平たく言うと強拍が移動した感じのするのもののことですね。

なので次に来るはずの強拍がタイや休符でズラされて聴こえるものをそう呼びます。

そのズラされのパターンがいくつか本に載せてありますね。

p.67の譜例55なんかはタイではなく休符がシンコペーションを感じさせる例になっています。

他に譜例57はアクセントの表記でシンコペーションになっていたり、譜例58では違う拍子に感じられるような例を出していますね。

これみたいにシンコペーションがずっと続いて別の拍子に感じられる表記を「ヘミオラ」なんて呼んだりします。

でもずっと強拍がズレ続けるとだんだんズレてる感じがしなくそれが本来の拍子のように感じられてしまうので、シンコペーションだと感じるには頭拍にベース音があったりなど何か基準になるものが必要なのですね。

そのあとp.68からの「リズムに関する記譜上の注意」の項目はひと目でどんな譜割りかわかるような表記をしましょう、ということが書いてあります。

音符の旗の結び方とかの見た目のお話なのでアレンジをしたり、楽譜を書き直したりすることのある方は自分が見やすいかどうか気をつければ自然におかしな表記にはならないでしょうからこの項目は覚えたり心配したりしなくても大丈夫だと思います。

次はp.75の第四章「音程」のページからみていきましょう!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド