思考と心 練習

音楽から離れるのも建設的かも

今日はなんだか練習を
する気が起きない…

この演奏会は気乗りがしない…

日々がんばっていれば
そんな気分のときも
たまにはありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

演奏がお仕事でこれを
やらなければ生きていけない!
というプロの場合はともかく、
趣味で楽しみたいというのが
本来の目的なら
やる気がしないことをする必要は
ありませんよね。

たとえば、
やる気がしない理由の一つとして
必要に迫られていないから
というのがあるかもしれません。

まだ本番まで時間があるし、
これくらい練習したら大丈夫
という今までの経験に基づいた
見通しもあるし、などなど。

そういう風にはお尻に火がついてる
状況では思いませんよね。

本当はもっと必要に迫られるまで
ほっといても大丈夫だと
思っているのかもしれません。

そういうときは思いきって
練習はお休みしてしまいましょう。
(他人に迷惑をかけない範囲で)

そういうことじゃない場合、
するべきことが実は本当に
望んでいるものではない可能性も。

本当はソロでの演奏はしたくない
けど発表会があるから仕方ない…
とか。

そういうタイプの人は
アンサンブルならやる気満々に
なるかもしれませんね。

自分でやると決めたことでなければ
やる気スイッチが入らないのは
自然なことです。

あなたが怠け者なわけでは
別にありません。

もしそれでもモヤモヤするなら
気乗りのしないことのイヤな点と
好きな点をそれぞれ紙に
書き出してみましょう。

それらを見比べて、
それでもやりたい気持ちが
出てくるなら
やったらいいでしょう。

もうひとつの可能性としては、
単純に疲れすぎていて
休息が必要な場合。

これは身体が
やる気なんか出さないで休んでー!
と訴えているのかもしれません。

本当に望んでいて、
望んでることを叶えるために
練習する必要があって、
自分でそれをすると決めたときは、
自然にやる気は出てきますよね。

あんまり気乗りがしないのに
とにかくやらなければ!
というときも、
一旦立ち止まって自分の本当に
やりたいことは何なのか
問いかけてみるというのは
オススメです。

立ち止まってみたら意外に
2分で答えが出るかも
しれませんしね。

考えてみて今は音楽が一番に
やりたいことではない、
というときは思いきって
またやりたくなるまで
離れてみるのも
ありかもしれません。

無理に続けて嫌いに
なってしまうより、
ずっと長く大事にしていくための
建設的な決断な場合もありますよ。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-思考と心, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド