アレクサンダー・テクニーク レッスン 練習 身体の仕組み

ラクにやりたい

Pocket

無駄なことをやめて望むことに直結することだけやるようにしたらラクになるのはよくあります。

有吉尚子です。こんにちは!

「ラクになりました!」
なんて感動してる声を耳にしたりするとそれが素晴らしいことのような気がしちゃうというのもわかる気がします。

確かに無意味に苦しいよりはラクである方が誰にとっても良いことなのは確かでしょう。

では、ラクであるよりもっと価値のあることって何があると思いますか?

休日にソファーでテレビを観ながらビール・・もちろんそれも良いですが、疲れるかもしれないけれど積極的に何かをやりたいからこそ休日にわざわざ楽器を出すのではないでしょうか。

それは「ラクをしたい」という欲求とは対極にあるものだと思います。

私たちのような音楽を仕事にしている人間も、仕事の演奏以外の例えばお昼休憩のような時に「ちょっとこの曲やってみよう!」なんてアンサンブルで遊んだりします。

fb_img_1481356562348

もちろん完全に音楽から離れてバカンスに出かけるような休日もありますが、結局楽しいからやっているというのが原点なんですよね。

やりたいことがなくてだたラクになりたいのであれば単純に眠るのが一番です。

「ラクであること」「力んでいないこと」そんなことは最終目的にはなりません。

「ラクにやりたい」という生徒さんがいらした時いつも尋ねるとこがあります。

「何をやりたいですか?」

改めて自分に問いかけてみるのも良いかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド