アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

理由なくやってることは無い

Pocket

はたから見ると「おかしなクセだな」と思うようなことでも「何かをわざと変にやろう!」なんて常々思ってる人は滅多にいませんよね。

有吉尚子です。こんにちは!

誰にでもある無意識の習慣って、ただ慣れ親しんでいるから起きてるわけではなくて何かしらそれをするのが最適だと思う理由があってやっている場合も多くあります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-3

演奏の時にやってる習慣的な動作ももしかしたら演奏そのものとは無関係なことに起因しているかもしれませんね。

例えば、私が昔レッスンを受ける時にやっていたことの一つに脊椎をあまり動かさずじっとしているというのがありました。

それはその方が演奏するのに好都合だと思ったわけではなく、当然ダラっとする方法を知らなかったわけでもなく、「先生の前でリラックスしては失礼だからピシッとなってるべきだ!」という思考があったからです。

小学校で教えられる「気をつけ」の影響ですね。

改まった場では固まってるべき、なんていうことをレッスンや本番中なんかにも適用してたわけなんですが、それはわざわざその選択肢を選んでいたんです。

同じことで何かその動作に不都合なことをやっているとしても何かしらそれをするのが最適だと判断した理由があるはず。

このパッセージをうまくやるにはこういう動きがいいよ、というのがわかっても不都合な動きを選ぶ理由の方が大切だったらどうでしょう?

せっかくのアドバイスも効き目はありませんよね。

アレクサンダー・テクニークのレッスンではしばしば、

「今こういうことをやってるけど自覚がありますか?」

「もしそれをするのを選んでる理由があったら教えてもらえますか?」

という問いかけをすることがあります。

思考が動きに何かの影響を及ぼしている場合には解決のヒントになることもあるんです。

思い当たることがあれば是非応用してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド