楽器練習効率化ガイドブック

アガリ・緊張って何のときに
起きるのでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

わたしの場合は「うまくやりたい」
という考えで頭がいっぱいになって
目の前の音楽から意識が離れたとき
起きるパターンが多いです。

どうやったらこの音楽の良さが
聴いてる人に伝わるかな、
と思ってるときは
そうでもありません。

音楽そのものに意識があるから
なんでしょうか。

うまくやりたいという思考は
「ミスをしたくない」
「誰かからいい評価を受けたい」
など、音楽がどうこうではない
無関係なことを考えているときに
出てきやすいものです。

他にも
「この指はこう動かしたいんだ」
「さっきのミス、
なぜ起きたんだろうか」
なども音楽そのものには
関係のない思考。

こういう分析や
動きのコントロールの癖付けは
練習の段階ですることですね。

考えてみればなにもわざわざ
本番中に行う必要はないわけです。

本番中に起きたことの分析と反省は
舞台から降りた後ですれば
いいのですから。

本番中に最優先に考えたいのは
これから演奏する部分を
どう聴いてる人に伝えるかですね。

それに、
聴いてる人はミスしたことを
反省して縮こまってる姿を
見たいでしょうか?

時間とお金をかけてわざわざ聴きに
来てくれるのはなぜでしょう。

過去に聴きに来てくれた人に
尋ねてみるのも
良いかもしれませんね。

がんばってるまたは真剣に
向き合ってる姿を見たいから、
真剣に向き合ってる人の演奏を
聴くことで楽しいだけじゃない
深いものに触れたいから、
応援したいから、
そういう意見が
多いのではないでしょうか。

だって自分も誰かの演奏を聴く時に
ミスをするかしないかなんて
どうでもいいですもんね!

では、
ミスをしないでうまくやりたいのは
なぜなんでしょう。

ミスをしないことが目的
なのではなく、
自分が素敵だなと思う作品を
よりよく伝えたいとか、
誰かをお祝いしたいとか、
何か肯定的な意図があるのでは
ありませんか?

「誰それからいい評価を受けたい」
という意図があったとしても、
自分のかっこよさ・上手さを
みせたいのではなく、
共感してくれる音楽仲間が
欲しいのかもしれないし、
応援してくれる人に
がんばってる姿を見てもらいたいの
かもしれませんね。

聴く人は吹いてるあなたが
上手かカッコいいかより、
どういう姿勢で音楽に
向き合っているのかが
見たいのではないでしょうか。

カッコいい人がみたければ
アイドルや芸能人がいます。

何のために演奏するのか、
本当は何がしたいのか、
一度自分に問い直すのはムダでは
ないかもしれませんよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。