アレクサンダー・テクニーク 思考と心 本番 練習

本番中のミスの反省はいつしますか?

Pocket

アガリ・緊張って何のときに起きるのでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

わたしの場合は「うまくやりたい」という考えで頭がいっぱいになって目の前の音楽から意識が離れたとき起きるパターンが多いです。

どうやったらこの音楽の良さが聴いてる人に伝わるかな、と思ってるときはそうでもありません。

音楽そのものに意識があるからなんでしょうか。

うまくやりたいという思考は「ミスをしたくない」「誰かからいい評価を受けたい」など、音楽がどうこうではない無関係なことを考えているときに出てきやすいものです。

他にも「この指はこう動かしたいんだ」「さっきのミス、なぜ起きたんだろうか」なども音楽そのものには関係のない思考。

こういう分析や動きのコントロールの癖付けは練習の段階ですることですね。

考えてみればなにもわざわざ本番中に行う必要はないわけです。

本番中に起きたことの分析と反省は舞台から降りた後ですればいいのですから。

本番中に最優先に考えたいのはこれから演奏する部分をどう聴いてる人に伝えるかですね。

それに、聴いてる人はミスしたことを反省して縮こまってる姿を見たいでしょうか?

時間とお金をかけてわざわざ聴きに来てくれるのはなぜでしょう。

過去に聴きに来てくれた人に尋ねてみるのも良いかもしれませんね。

がんばってるまたは真剣に向き合ってる姿を見たいから、真剣に向き合ってる人の演奏を聴くことで楽しいだけじゃない深いものに触れたいから、応援したいから、そういう意見が多いのではないでしょうか。

だって自分も誰かの演奏を聴く時にミスをするかしないかなんてどうでもいいですもんね!

では、ミスをしないでうまくやりたいのはなぜなんでしょう。

ミスをしないことが目的なのではなく、自分が素敵だなと思う作品をよりよく伝えたいとか、誰かをお祝いしたいとか、何か肯定的な意図があるのではありませんか?

「誰それからいい評価を受けたい」という意図があったとしても、自分のかっこよさ・上手さをみせたいのではなく、共感してくれる音楽仲間が欲しいのかもしれないし、応援してくれる人にがんばってる姿を見てもらいたいのかもしれませんね。

聴く人は吹いてるあなたが上手かカッコいいかより、どういう姿勢で音楽に向き合っているのかが見たいのではないでしょうか。

カッコいい人がみたければアイドルや芸能人がいます。

何のために演奏するのか、本当は何がしたいのか、一度自分に問い直すのはムダではないかもしれませんよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド