楽器練習効率化ガイドブック

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、
今回は前回の「拍子」についての
補足です。

有吉尚子です。こんにちは!

前回の記事では
何拍周期で強く感じる拍が
出てくるかってことで拍子が
わかるというお話でしたね。

この強く感じる音の前後、
いくつかの音のまとまりが
次に進む推進力や拍子感を作って
いるのですが、
それは小節内の音のまとまり
というわけではないんです。

というのは強く感じる音は
まとまりの最初にあるのではなく
中心にあるのものだから。

中心に向かって進んでいく
準備の拍があってこそ、
到達した音が強く感じるわけ
なんですね。

何の準備も盛り上げもなしに
「はい!強い音!ポン!」
と出されても別にそれが
他の音に比べて特別な感じは
しないでしょう。

準備のあおりの拍があって
「来るぞ・・来るぞ・・来た!」
となるから来た!のところが到達点
として感じられるんだと思います。

この次に進みたいエネルギーのある
準備の拍を「アナクルシス」
到達点であるまとまりの中心の音を
「クルシス」といいます。

名前は覚えなくていいですけど、
拍にも準備と到達点の役割がある
ってことだけ頭の片隅に置いて
おいてくださいね。

その準備拍と到達中心拍がどれだか
わかりやすいようにするために
中心の拍の前に線を引っ張ったのが
小節線なんだそうです。

楽典の本からは少し離れましたが、
基礎的な前提ということで
ダルクローズのリトミックで
言われる説明をちょっとだけ
ご紹介しました。

拍のまとまりは小節単位ではなく
強拍の前後をとりまくものなんだ、


ということを知っていると
演奏するときの音楽の運び方も
違いが出てくるかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。