アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

小節は拍の区切りじゃない?

Pocket

楽典を一緒に読んでみましょう!のシリーズ、今回は前回の「拍子」についての補足です。

有吉尚子です。こんにちは!

前回の記事では何拍周期で強く感じる拍が出てくるかってことで拍子がわかるというお話でしたね。

この強く感じる音の前後、いくつかの音のまとまりが次に進む推進力や拍子感を作っているのですが、それは小節内の音のまとまりというわけではないんです。

というのは強く感じる音はまとまりの最初にあるのではなく中心にあるのものだから。

中心に向かって進んでいく準備の拍があってこそ、到達した音が強く感じるわけなんですね。

何の準備も盛り上げもなしに「はい!強い音!ポン!」と出されても別にそれが他の音に比べて特別な感じはしないでしょう。

準備のあおりの拍があって「来るぞ・・来るぞ・・来た!」となるから来た!のところが到達点として感じられるんだと思います。

この次に進みたいエネルギーのある準備の拍を「アナクルシス」、到達点であるまとまりの中心の音を「クルシス」といいます。

名前は覚えなくていいですけど、拍にも準備と到達点の役割があるってことだけ頭の片隅に置いておいてくださいね。

その準備拍と到達中心拍がどれだかわかりやすいようにするために中心の拍の前に線を引っ張ったのが小節線なんだそうです。

楽典の本からは少し離れましたが、基礎的な前提ということでダルクローズのリトミックで言われる説明をちょっとだけご紹介しました。

拍のまとまりは小節単位ではなく強拍の前後をとりまくものなんだ、


ということを知っていると演奏するときの音楽の運び方も違いが出てくるかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド