楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.43の
「拍子の記法」から行きましょう。

4/4とか6/8とか拍子記号は楽譜で
見慣れている方が多いでしょうから
特に解説の必要はないでしょう。

分母に書かれてる拍の単位が
分子に書かれてる数だけ一小節に
入っているよってことですね。

小節線についての項目も、
見慣れていないものは特にない
と思いますのでサラリと
通り過ぎてしまいましょう。

p.46に例題があるのでこれは
やってみても良いかもしれません。

まずは音を歌ってみて、
または楽器やピアノアプリで
音を出してみて
「強く感じる音はどれかな?」
というのを探して印を付けます。

それが周期的な音のまとまりの
中心になる音(この本では強拍と
書いてますね)です。

その手前に小節線を
引いてみましょう。

それで何分の何拍子か
一目瞭然にわかるでしょう。

本にも例題のすぐ下に解説が
書かれていますね。

それに納得できたらせっかくなので
p.47の問題2もやってみましょう!

まず強く感じる拍がどれなのか
ココロで歌いつつ、
または音を出しながら調べます。

それが見つかったらその音の前に
小節線を引きます。

この2題はとてもわかり易くて、
強く感じる中心の音は長く、
そこに向かいたい盛り上がりの
準備の拍は細かい音で動きを持って
書かれています。

そう考えると小節線を引きたいのは
どこだかわかって、それによって
拍子もわかりますね。

次の「拍子に関する演奏上の注意」
の項目は記譜と実際の強拍が
ズレるような例外もあるので
柔軟に考えましょうってことが
書いてあります。

今回はそんなところにして、
次回はp.48の「強起と弱起」
からみてみましょう!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。